<メイク崩れ>を解決!メイクしたてのキュート顔で過ごそう♡

BEAUTY

汗や乾燥でおこるメイク崩れ。
どうしたら崩れにくくなるのか? 
これは女の子たちの永遠のテーマですね。
メイクしたての可愛い顔をキープする方法をお教えします。

メイク崩れを防ぐ方法① メイク前の保湿はたっぷりと!

”メイク前にたっぷり保湿をするとベタベタして崩れやすくなる”
という意見もありますが、保湿はたっぷりした方が良いです。

肌が潤っている=皮脂バランスが整うので、メイクが崩れにくくなるのです。
美容液を投入したり、シートパックで潤いを浸透させておくと即座にもちもち肌になります。

そしてスキンケア後に人差し指で頬を押し上げてみて。
もしもシワができたらまだ乾燥しているサインなので、さらなる潤いを注入しましょう。

メイク崩れを防ぐ方法② 肌質に合ったファンデを使う

そもそも使っているファンデが肌質に合っていないと、崩れやすくなります。

肌質チェック法は、洗顔後に指の外側で目の下と鼻横を触って触り心地を確かめます。
この2か所を触ってみて、肌の吸い付き方が似ていたら乾燥〜普通肌です。
違うなら、混合肌。
そして両方ベタつくなら、オイリー肌といえます。

乾燥〜普通肌はリキッドタイプで潤いを与えることで、乾燥崩れを予防できます。
混合〜オイリー肌はパウダリータイプで肌をマットな質感に仕上げましょう。

メイク崩れを防ぐ方法 ③お直しは部分的に&チークを!

多忙な女性ほどメイク直しに時間をかけていられないですよね。

ちゃちゃっと終わらせたい場合は、とりあえずバタフライゾーン(鼻を中心とした両頬の三角ゾーン)をリセットすれば肌はキレイに見えます。

化粧水や保湿スティックで潤いを与えて、パウダリーファンデやコンシーラーをポンポンと乗せれば簡単に終了♪ 

さらにチークをのせれば、血色感を一気に引き上げてハツラツとした顔に変身します。

特にクリームタイプのチークは、肌への密着度が高く落ちにくいのでオススメです! 

メイク崩れを防ぐ方法④ 目の下のパンダ目には? 

汗をかく夏に多いのが、パンダ目になること。
鏡を見たら目の下が黒くてドロドロしてる......! 
なんてことがメイク崩れでよくあるお悩みです。

このパンダ目防止には、綿棒にルースパウダーを含ませて、下まぶた全体にすーっと軽くなじませるだけでOK。

皮脂や汗によるにじみを予防してくれます。

また、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーも取り入れましょう。
マスカラはフィルムタイプや皮脂に強いもの、アイライナーはペンシルタイプの上からリキッドを重ねるとヨレにくくなります。

メイク崩れは、常にある女の子の悩みのひとつです。
でも、①〜④を実践すれば崩れにくくなるはず。
メイクしたての可愛い顔で過ごしましょう♡