道端ジェシカやミランダカーも実践?!最近話題のスピリチュアルとは?

LIFESTYLE

「私は何のために生きてるんだろう……」

昔からすべての人類が考え続けてきたこの疑問。
最近その答えをスピリチュアルな世界に求める人が急増中♡
今回はあの道端ジェシカやミランダ・カーが実践しているスピリチュアルを紹介します♪

そもそもスピリチュアルってなに?

スピリチュアルとは、日本語訳をすると「精神的な、宗教的な」という意味になります。
科学至上主義を抜け出した現代社会ではスピリチュアルへの関心が増々高まっています。

世界保健機構(WHO)の健康の定義でも「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」という定義に、「Spiritual」という文言を付け足すかどうかの論議が行われたほどです。

宗教を信仰している人や哲学を志す人以外にも、世界的にSpiritualへの関心が高まっているのでしょう。

そんなSpiritualな世界の中で有名になった一つの法則を紹介します♪それは「引き寄せの法則」と呼ばれるものです!

あのミランダカーや、道端ジェシカも実践しているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

引き寄せの法則について♡

Spiritualな世界では「この世のすべては素粒子によってできている」という量子力学の考えを用いています。

人はもちろんのこと、考え方から現実に起こる出来事まで、すべての事象は素粒子によって構成されており、それらはいつでも振動している、そしてその振動がエネルギーである、という考え方です。

「引き寄せの法則」では、このエネルギーの周波数が同じものどうしが引き寄せられる、と考えます。つまり「ハッピーな気分」でいたら、「ハッピーな出来事」が訪れるのです!

道端ジェシカさんはこの法則を使ってたくさんの夢を叶えてきたそうです♪

自分の夢を口に出し、叶った時の気分で毎日を過ごすことで、夢と同じ周波数のエネルギーを発することができ、気が付いたら夢が現実化しているのです。

私の実験結果♡

この素晴らしい法則を知った私は早速自分自身で試してみました♪

まず始めは小さなものから♡
「プリンを食べたい!」という願いを口に出し、実際に食べた時の幸せな気分を想像してみたりしました。

するとなんとその夜に、母がプリンを買って冷蔵庫に冷やしておいてくれました!
普段はほとんどプリンなんて買わない母が、たまたまその時だけ食べたくなって買ってきたのです!

私は心から驚き、「引き寄せの法則」の効果を実感しました♪

そして少しずつ明日の天気や、会いたい人、やりたいことなどを引き寄せてきました。

そして遂に憧れの大学合格まで!

中学生のころから私は、上智大学に憧れていました。
ずっと上智大学に入るために勉強を続けてきたといっても過言ではありません。
そして、成績を保ちつつ、小論文の勉強をして推薦入試の準備を進めました。

ところが12月の合格発表で、なんと私は落ちてしまったのです。
それまで上智大学以外の学校対策や、一般入試の対策を一切行ってこなかった私は、絶体絶命の危機に陥りました。

しかしここで諦めきれなかった私は、「引き寄せの法則」を使ってみることにしました。
現実に絶望せず、一般入試に向けて12月からできる努力をすべてこなしながら、毎日合格したシーンをイメージし続けました。

するとだんだん不安が消えていき、勉強するのがとても楽しくなりました!
文法を1から始めるような状態でしたが、いつでも「ハッピーな気分」を意識し、努力を続けた結果……。

なんと憧れの上智大学に合格することができたのです!私は「引き寄せの法則」が働いたことを確信しました。

世界中の著名人が口をそろえて、「夢を口に出して必ず叶うと信じ続けていれば、どんな夢でも叶えられる」と仰います。

私は自分の人生で、それが真実であることを体験しました。
皆様もぜひ、小さなことから少しずつ、Spiritualな考え方を試してみて下さい♪

いかがでしたか?

今回は私の実体験を交えて、最近話題のSpiritualな考え方を紹介しました♪
ぜひみなさま試してみて下さいね♡