物持ちのいい女になろう!夏に使ったアイテムを上手に洗濯するコツ

そろそろ衣替えのシーズン!
夏に使った洋服や小物は、きちんとしまえていますか?
今、しっかりと洋服や小物の管理をしないと、来年は使えない!なんてことも。
今回は、夏ものを上手に洗濯して、キレイにしまうコツをご紹介します♪

夏物を上手に洗濯するコツ①夏によく着る白い服のお手入れ

そのまま放置してしまうとシミになりやすいのが、白い服。
上手に洗濯することで、来年もキレイな状態で着られるんです♪

白い服を自宅で洗濯する時のコツはまず、白い衣服だけをまとめて洗うこと!
色もの柄ものと一緒にしてしまうと、色移りしてしまうんです。

さらに、洗濯する水にもこだわると◎
水ではなく、40度くらいのお湯を使って洗濯をすると、汚れが落ちやすくなります。

また、既に黄ばみのある白い服を洗う時は、漂白をすることがおすすめ。
洗剤に酸素系漂白剤をプラスして、先に30分ほどつけ置きするのが手順です♡

夏物を上手に洗濯するコツ②キャンバススニーカーをお手入れ♪

夏によく履いたキャンバススニーカーも、きちんとお手入れしてからしまいましょう♪
中には洗えないキャンバススニーカーもあるので、靴屋さんで確かめるように!

基本的な洗い方は、洗濯洗剤をたらいに入れて、そこへキャンバススニーカーを入れます。
紐や中敷きが取れる場合には、あらかじめ外して一緒にたらいに入れること。

水ではなく、40度くらいのお湯を使うと汚れが落ちやすくなりますよ♡
30分ほどキャンバススニーカーをつけ置きしたら、スニーカー用の洗濯ブラシを使って優しくこすり、汚れを落とす。
形を整えて陰干しし、十分に乾いたら仕上げに防水スプレーを吹きかけて終わりです。

夏物を上手に洗濯するコツ③来年も履きたい!サンダルのお手入れ

夏の間、お世話になった小物といえば、サンダルもありますね。
履いた後、すぐにお手入れをしていなかった場合、汚れが溜まっていることが!

布製やビニール製のサンダルの場合、柔らかい布に水を含ませて軽くこすり、汚れを落とします。
特に、素足のあたる部分は汚れが付きやすいので、念入りに拭くこと。
乾いた後は防水スプレーを吹きかけて、型崩れしないようにしまってください♪

革製のサンダルの場合には、水を使うとシミになることがあるので注意。
革製のサンダルは、ほこりを歯ブラシなどで払い、つま先などの汚れは布でふき取ります。
革専用の靴クリームを塗りこみ、最後に防水スプレーをかけて♡

夏物を上手に洗濯するコツ④バッグや帽子のお手入れ♡

zozo.jp

毎年、夏に流行するカゴバッグ。
きちんとしまわないと、来年は使えませんよ!

カゴバッグの汚れを落とすにはまず、洋服ブラシや細部は歯ブラシで払うこと。
持ち手などの汚れのひどい部分は、中性洗剤を溶かした水を布に含ませて、汚れを軽くこすって落とします。
最後によく乾かし、しまう時には湿気がこもらないように不織布でくるんでしまうように。

帽子も麦わら帽子のような素材なら、ブラシで汚れを落としてしまいます。
キャップなどの布製のものは、40度くらいのお湯に洗濯洗剤を混ぜて手洗い。
型崩れしないように陰干しするのが、おすすめです♪
お世話になった夏の服や小物♡
キレイに洗濯して、来年も気持ちよく使いたいですよね!
洗濯をする時には、あらかじめ見えにくい部分で試してから始めることが大切♪

【関連記事】アイデア次第で使い方は無限大♪収納の味方・つっぱり棒の活用法

つっぱり棒の活用法といえば、クローゼットに洋服をかける部分を増設するくらいしかなかった...

洗濯 コツ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mariko tsuboi

結婚3年目、読者モデル。
女性ならではの視点で記事を書かせていただいています。

>もっとみる