美女の条件は眠りにある!不眠症から脱出する方法とは?

BEAUTY

みなさんは一日どれくらいの睡眠時間を確保していますか?
だいたい一日、6〜8時間の睡眠が必要と言われています。
しかし最近は不眠症に悩む女性が増えているのです。

あなたはどう?気になる不眠症チェック!

出典:thebeautybean.com

いつも眠れているから、自分は不眠症ではないと思っている方いませんか?
しかしそれはもしかしたら「かくれ不眠」かも…。
もし下のリストで一つでも当てはまったら、あなたは不眠症ということになります…。

・寝る時間が毎日バラバラ
・休日に寝だめする
・起きた時によく寝たと思えない
・寝つきが悪い
・夜中に起きる
・早く起きてしまう
・昼間に居眠りをしてしまう
・いらいらしがち
・やる気がでない
・寝なくても大丈夫なほうだ
・眠れないのは普通のこと
・夜遅くまで自分の仕事をしている

この中で当てはまるものはありましたか?
10個以上あったらかなりヤバいかも…。

眠りは健康に影響する!?

出典:xn--ihq608e6ufombgx5c.com

研究者によると、年々日本人の睡眠時間は減ってきているといえるようです。
1960年代からみると平均的に一時間減っていて、しかも年齢が重なれば重なるほど、睡眠時間が少なくなっています。

平均的に人間は、7〜8時間眠らなければなりません。
しかし最近はテレビや携帯、ネットや24時間営業のコンビニのせいで、遅くまで起きている人が多く、眠りを浅くしています。
アメリカの調査によると、睡眠時間が平均7時間の人は死亡率が少ないと言われています。

昼間、人間の体は活発になるように神経が働き、夜は体を休めようと眠りモードになります。
しかし夜に活発になってしまうと、神経も休むのに慣れなくなり、十分に休息をとることができなくなるのです。

そうなると病気になりやすい体になったり、肥満体質になったりするのです。

寝る前に真っ暗にすれば眠れるは嘘だった!?

出典:waranote.livedoor.biz

よくテレビや雑誌でも不眠症を治すには、寝る前から部屋を暗くして、脳や体から休めるモードにしなければならない、というのを聞いたことないですか?
確かに暗いほうがよく眠れそうな気もする…けれども実はこれは嘘!

部屋を暗くしたり無音にするのは、逆効果!
こういう状態にすると、脳が刺激を求めようとして、自律神経が乱れかえって眠れなくなるのです。

だから、ほのかな明るさ&落ち着くメロディがある環境がベスト♪

よく眠るには太陽の力が必要!

出典:allabout.co.jp

夏って暑いから、昼間クーラーがある環境にいたいですよね。
日焼けもしたくないし、汗かきたくないから部屋に篭りがちです。

しかしよく眠るには、日中の太陽の光が必要なのです♪
人間の体は朝に日中に太陽を浴びることによって、夜に上質な睡眠をとることができます。
太陽のブルーライトは目から脳に伝わり、これが夜の眠りにつなげてくれるのです。

しかしスマホやPCのブルーライトはNG!
これは脳を起きろ!と言っているようなもの。
寝る前の人口ブルーライトは避けましょう!

眠りはダイエットにも重要♪
寝ている間にカロリー消費してくれるので、美にも関係あるのです。
あなたも上質な眠りでキレイになりましょう♡