【二重】アイライナーの引き方8選♪ナチュラルも派手めも変幻自在!

その人の印象を大きく左右するアイメイク。みなさんは、メイクする時にどこを重視していますか?アイシャドウの色や入れ方を工夫する女性も多いかと思いますが、アイライナーの引き方ひとつでも大きく印象を変えることができますよ。
そこで今回は、二重さん向けにおすすめのアイライナーの引き方をご紹介いたします。

目次

二重とは?

二重の女性

二重とは、まぶたの薄い皮膚とその下の挙筋腱膜(けんまく)と呼ばれる箇所が、ある部分だけくっついている状態のことです。目を開けると、皮膚が筋肉と一緒に目の上側に引き上げられるので、二重のラインができるようになります。

ぱっちりした目元が可愛らしく、アイメイクを映えさせることができる二重は、多くの女性の憧れ♡

ですが、二重さんはアイライナーで目元を強調しようとすると、やりすぎている感じが出てしまうことも。二重さんの目力ある目元を活かしながら、さまざまな表情を楽しむためにはアイライナーの引き方を工夫することがポイントです。

そこで今回は、基本的なアイライナーの引き方から、応用したアイライナーの引き方をご紹介するので、ぜひなりたい目元を作ってみてください。

【基本編】二重向けアイライナーの引き方

アイライナーを引く女性

アイライナーが上手に決まると、目元をよりぱっちりさせることができ、気分も上がりますよね。二重さんの場合は、二重を活かすためにも太めに入れないように心がけることが上手な引き方のコツです。

<基本的なアイライナーの引き方>
①まぶたを軽く引き上げ、アイライナーを持っている方の手の小指の外側を頬につけ、ブレないように固定させます。
②まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、最初は点を描いていき、点と点を繋げるように短いラインを描いていきましょう。
③最後に目尻から上まぶたの角度に沿うように3〜4mmほどラインをはみ出すように引けば、ナチュラルな目元の完成です。

普段使いであれば、できるだけ細めのラインにするといいですよ。アイライナーの色も、黒だとメイク感が強くなるので、ブラウンやグレーをチョイスしてみるのがおすすめ♡

【応用編】二重向けアイライナーの引き方①ラインをぼかしてよりナチュラルに

伏目の女性

「アイライナーをよりナチュラルにみせたい」という二重さんは、ラインをぼかすテクニックで肌に溶け込む自然な目元を演出してみましょう。

<アイライナーのぼかし方>
①基本的なアイライナーの引き方をしたら、アイシャドウチップを用意します。
②好みのアイシャドウをとり、アイライナーの上に重ねてふわっとぼかしましょう。
③目尻だけは綿棒を使い、細くなるラインに整えてあげると、ナチュラルな目力アップが狙えます。

アイライナーの色に合わせたアイシャドウでぼかすのもいいですし、暖色系のアイシャドウで温かみのある目元になるようにぼかしてあげるのもおすすめです。

【応用編】二重向けアイライナーの引き方②目尻を下げてタレ目にする

タレ目の女性

二重さんは、タレ目に見せるアイライナーの引き方も良く似合います。タレ目に見せれば、可愛らしい二重の目元を活かすことができ、優しい目元にみせることができますよ。

<タレ目にみせるアイライナーの引き方>
①まつ毛とまつ毛の隙間を埋めながら細いラインを描きます。
②目尻のところまでいったら、ほんの少しだけ下げ気味にラインを引けば完成です。

目尻のラインを下げすぎてしまうと、今度は眠そうに見えてしまうので注意!ほんの少し下げるだけでOKです。男性からのウケも抜群なので、可愛さ重視ならタレ目で決まり♡

【応用編】二重向けアイライナーの引き方③目尻を跳ね上げてキャットアイにする

花冠をかぶった女性

外国人風のメイクが好みの二重さんにおすすめなのが、キャットライン。一気に存在感のある目元にすることができるので、パーティーメイクとしても人気があります。

<キャットアイにするアイライナーの引き方>
①二重ラインが隠れない程度に、やや太めのラインを目頭から引きます。
②目尻側の黒目の外側あたりからさらにラインを太くし、目尻から跳ね上げるようにラインを入れましょう。

目尻まで細く引いたとことで軽く跳ね上げるキャットラインなら、初めての女性でもチャレンジしやすいので、好みに合わせてラインの幅を変えてみてくださいね。グリッターやラメ感のあるアイシャドウと、相性抜群です。

【応用編】二重向けアイライナーの引き方④黒目の上だけ太くする

女性の目元

アイライナーの引き方で、可愛らしい丸みのある目元にみせることもできます。二重さんが取り入れることで、つぶらな瞳に見せることができるので、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

<丸みのある目元にするアイライナーの引き方>
①まつ毛の隙間を埋めるように、まずは細いラインを目頭から目尻まで引きます。
②次に黒目の上だけ少しラインを太くすれば完成です。

黒目の上だけラインを入れることで、丸み感を強調することができるそう。このときも太くしすぎないように、少しずつ調節していくことを心がけてくださいね♪

【応用編】二重向けアイライナーの引き方⑤切開ラインで目を大きく見せる

二重の女性

目を大きく見せたい二重さんにおすすめなのが、切開ライン。目頭のところに切り込みを入れたようにラインを引くことで、目の横幅を広く見せることができ、より大きく見せることができます。

ギャルメイクやコスプレメイクで取り入れているイメージが強いかと思いますが、ナチュラルな引き方もあるんですよ。

<切開ラインにするアイライナーの引き方>
①目頭から目尻まで細いラインを描いていきます。
②今度は、上まぶたの延長線上に下向きになるように目頭から下向きの切開ラインを引きましょう。

横向きの切開ラインに比べて目立たないですし、丸みを帯びた目元にすることができるので男性ウケも抜群。ブラウンなどナチュラルな色をチョイスしてみて!

【応用編】二重向けアイライナーの引き方⑥ダブルラインで存在感アップ

女性の目元

ダブルラインなら、存在感のある目元を楽しむことができ、より外国人風の目元を意識することができます。ダブルラインとは、その名の通り2本のアイラインを入れるメイクテクニックです!

<ダブルラインにするアイライナーの引き方>
①1本目は、いつも通り目の際に沿って細いラインを入れます。
②2本目は、二重ラインの上に薄いラインを引き、目尻から目頭にかけて細くなるように描けば完成です。

最近では、1本目のアイライナーを跳ね上げて、2本目のアイラインと繋げた変形ダブルラインも人気♡遊び心のあるメイクをしたいときは、ぜひ試してみてください。

【応用編】二重向けアイライナーの引き方⑦パステルカラーをオン

ピンクメイクをした女性

ダブルラインだと少し派手すぎる……と感じる二重さんなら、カラーライナーで新鮮なメイクを楽しむのがおすすめ。二重さんがカラーライナーを楽しむときは、引く範囲に注意することがポイントです。

<カラーアイライナーの引き方>
①目尻から、気持ち短めにすっとラインを描きましょう。
もう少しはっきりさせたいときは、黒目あたりから描き、太さも調節してみてください。

まぶた全体に太く引いてしまうと、二重のラインが潰れてしまうので気を付けましょう。

【応用編】二重向けアイライナーの引き方⑧ダブルカラー使いをする

女性の目元

もっとおしゃれな目元にするなら、2色のアイライナーを使ってこなれ感のある目元に仕上げてみてはいかがでしょうか。

<2色使ったアイライナーの引き方>
①上まぶたには、グレーやブラウン系のアイライナーを使って細くラインを引きます。
②下まぶたにはラメ感のあるアイライナーを使って、黒目幅より少し長めに引きましょう。

ベーシックな色での2色使いなら、大人女子でもチャレンジしやすいですね。もっと冒険するなら、上まぶたはブラウン、下まぶたはボルドーなど、カラーアイライナーを使ってみてください♡
二重さんにおすすめのアイライナーの引き方をご紹介させていただきました。二重さんは、アイライナーの引き方によって「存在感のある目元」にも「ナチュラルな目元」にもすることができるので、アイメイクのレパートリーを増やすことができます。ぜひ気になった引き方にチャレンジしてみてくださいね。

【関連記事】【奥二重】アイライナーの引き方8選!ぱっちり大きく見せて目力UP

目元の印象を大きく変えてくれるアイライナーは、女性のメイクで欠かせない存在。ですが、奥...

アイライナー 引き方 二重

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる