見栄えが悪い!跡に残ったら怖い!胸にニキビができる原因&対処方法

BEAUTY

顔にニキビができて悩んでいる人は多いですが、背中や胸にもニキビができることがあります。
普段は服で隠れていますが、つい気になって触ると、悪化して大きくなりますし、薄着や水着になると目立ってしまいます。

そんな胸ニキビはどうしてできるのでしょうか。
また、できてしまった胸ニキビにはどう対処していけばいいのでしょうか?

顔だけじゃない!体や胸にもニキビはできるんです……

ニキビができると、たとえ小さいものでも気になりますよね。
いけないとは分かっても触ってしまったり、早く治ってほしいといって潰してしまったり……。
これでは治るどころか悪化してしまいます。

ニキビは顔だけでなく、背中や胸、おしりなどの部分にもできることがあります。
中でも多いのは、皮脂の分泌がさかんな背中や胸などの広い範囲です。

普段は服に隠れて見えないので、気にならないかもしれませんが、お風呂のときや海水浴、プール、恋人ができたときなど露出したときに、大きなニキビが目立っていると残念な印象を与えてしまうかもしれません。

体にできると、摩擦による刺激がかかりやすくなるので、顔ニキビより悪化しやすいといわれています。

まずは、胸ニキビができる原因から見ていきましょう。

これはニキビ?それとも違うもの?できてしまう原因とは

ニキビといえば思春期によくできるものと思われがちですが、大人になってからもよくできるものです。
ニキビは症状によって、4つの種類に分けられます。

■白ニキビ
まだニキビとしては初期段階で、できていてもそれがニキビだと気づかない人もいるくらいです。
肌はターンオーバーといって、定期的に新しく生まれ変わっていますが、メイクを落とさないまま寝てしまったり、きちんとケアできていなかったりすると、正しく行われないことがあります。

また、皮脂が過剰に分泌することでも毛穴に皮脂が溜まってしまいます。
それらのせいで、皮脂が毛穴に溜まっている状態がこの白ニキビです。

■黒ニキビ
白ニキビが少し進行すると、皮脂がどんどん溜まってくるので、それが押し出されて毛穴の入り口が開きます。
それが酸化し、黒く見えるのがこの黒ニキビなんだそう。

■赤ニキビ
上のニキビがさらに進行したのがこの赤ニキビです。
多くの皮脂が溜まり、そこでアクネ菌が増え、毛穴周辺に炎症を起こし赤く腫れた状態です。
一度赤ニキビになると同じ場所で再発しやすくなり、何度も繰り返すと、やがて跡が目立ってしまうこともあるそう……。

■黄ニキビ
赤ニキビが進行して化膿してしまった状態がこの黄ニキビ。
ここまでくると炎症がかなり悪化しているので、ニキビ跡が大きく残ってしまいます。

これらができる原因として、共通しているのは皮脂が多い状態にあるということ。
例えば、脂っこい食生活で皮脂が分泌しやすい、睡眠不足やストレスでホルモンバランスが崩れているなどの内的要因が大きく関係します。

服や下着などで生じる摩擦やシャンプー、トリートメントなどが流しきれていない、石鹸が落ちきっていないなど、外的要因も密接に関係しているといわれています。

また、肌が乾燥しても皮脂の分泌はさかんになります。
普段からこまめに洗っているのにニキビが治らない人は、乾燥が原因である可能性も……。

ただし、体にできるものの中には、ニキビのように見えて実はニキビではない、マラセチア毛包炎という疾患もあります。
あまり治りが良くないようなら、皮膚科で相談することをおすすめします。

胸にニキビができる原因①食生活

食生活もニキビと大きく関係しています。
特に脂肪分や糖分が多い食事を続けていると、皮脂の分泌が過剰になり、ニキビを作る原因になってしまいます。

体内で活性酸素が発生すると、皮脂が酸化しやすくなります。
これを防ぐのは、もともと体内に備わっている抗酸化作用ですが、年齢を重ねるとその力は衰えてしまうので、活性酸素は増えやすくなります。
そこで抗酸化作用のある栄養素を摂って体を錆びにくくすることが、必要になってきます。

そんなときに、好き嫌いがあったり忙しいからといって偏った食事だったりすると、肌に必要な栄養素が不足するため、ニキビができやすくなってしまうのです。

胸にニキビができる原因②睡眠不足やストレス

睡眠不足やストレスが溜まっていくと、ホルモンバランスは崩れてしまいます。
そしてそれは、肌にも影響を与えてしまうのです。

これらは互いに影響しあっていて、ニキビができることでもストレスが溜まりますし、ストレスが溜まっても睡眠不足になることがあります。
よって、どこかで対処しなければ、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

スマホを眺めたり、飲み会に参加したりするのも楽しいことですが、それが睡眠不足になるほど夜遅くまで行うのは、肌にとってもあまりいいことではありません。

胸にニキビができる原因③衣服のこすれや汗

胸ニキビができる場所は、普段服に覆われており、こすれたりムレやすくなっています。
この摩擦やムレによってもニキビができることがあります。

特にきつい下着で締め付けている場合や、夏や湿度の高い季節はよけいに汗をたくさんかきますよね。

そんなときにすぐ拭いておけば、それほど問題にならないのですが、外出中などはそうもいかないことがありますよね。

胸ニキビのできやすい人は、下着の素材にもこだわるといいでしょう。
ポリエステルやナイロン、アクリルなどの化学繊維が使われた下着は、比較的低価で、デザインもかわいいものが多いですが、通気性には綿やコットンなどの天然素材にはかないません。

少し値段ははりますが、シルクは肌触りもよく、通気性がいいことで知られていますよ♡

胸にニキビができる原因④シャンプーや石鹼の流し残し

あなたは、お風呂でどういう順番に体を洗っていますか?

まずは髪?顔でしょうか?
上から順番に洗う人が多いかもしれませんが、シャンプーの後、トリートメントを髪になじませている間に体を洗い、髪と一緒に体を流している人もいると思います。

そこで注意してほしいのが、これらのすすぎ残しです。
髪と体を同時に流すと、どうしても泡切れのいい体の石鹸から先に流し終わり、髪にしっかりなじんだシャンプーやトリートメントが体に残っていることがあります。

頭に残っていると頭皮の荒れにつながりますし、体に残っていると胸ニキビの原因になりがちなのです。
しっかり流せているかきちんと確認するか、先にシャンプーとトリートメントをすすぎまで行ってから、体を洗うようにするといいですね♪

胸のニキビの対処方法①保湿のし過ぎに注意!

乾燥しても皮脂は過剰に分泌しますが、これはお肌が乾燥しているとそれを補おうと、皮脂が分泌されるようになっているからです。

こまめに洗いすぎると水分がどんどん蒸発して、毛穴がやせ細っていくので、皮脂が少し溜まっただけでも、ニキビになってしまうこともあります。

そのため、脂っぽくなってきたからといって一日に何度もシャワーを浴びるのはやめましょう。
ますます乾燥が進み、水分はカラカラなのに、皮脂が多量にある状態になってしまいます。
そして入浴後には保湿をして、しっかり水分を補っておきましょう。

逆に、乾燥しているからと保湿しすぎるのもよくありません。
保湿剤にはもちろん油分も含まれています。
胸のまわりは体の中でも皮脂が分泌されやすいところなので、クリームよりはローションなど、さらっとした水分を補ってあげるのがいいでしょう!

胸のニキビの対処方法②生活習慣を見直す

胸ニキビができる原因として、偏った食生活や睡眠不足などがあげられます。
女性は年齢を重ねるとホルモンバランスを崩すことが多くなり、もともと備わっている抗酸化力も低下していくといわれています。

そこで、これらを食べ物の栄養素から補うことが必要になってきます。
まず、抗酸化作用があるといわれているのはビタミンCとE。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常に行うのは、ビタミンAです。
また、女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンを摂ることも、ニキビの予防にはいいとされています。

ビタミンCはレモンやりんご、イチゴなどの果物や緑黄色野菜、ビタミンEはアーモンドやくるみなどのナッツ類、ビタミンAはほうれん草やうなぎ、レバーに多く含まれています。
イソフラボンは納豆や豆腐、大豆製品に多く含まれていますので、これらを積極的に取り入れたいですね。

あとは、しっかり睡眠時間を確保して、ストレス解消のために自分の趣味を休日に楽しんだり、気の置けない友人や恋人、家族と過ごすなど毎日を楽しく過ごしたりするといいでしょう♡

胸のニキビの対処方法③市販の薬やクリームに頼る

体のニキビに使用できる市販薬やクリームがいくつかあります。

一般的に体ニキビに使われるものは、皮膚の炎症に使われるステロイドやグリチルリチン酸ジカリウム、角質を柔らかくしてくれるサリチル酸などが含まれているものがあります。

どれを選んだらいいかわからないという人は、薬剤師さんのいる薬局で購入するといいでしょう♪

胸のニキビの対処方法④病院や美容外科クリニックに相談する

ニキビに関する相談は、一般的な皮膚科でも美容外科クリニックでもできます。

ニキビは多くの人が悩んでいるので、比較的どんな病院でもしっかり相談にのってもらえることが多いようです。

市販薬でどれを選んでいいかわからないという人は、症状に合わせたケアをしてもらったり、薬を出してもらえるのでありがたいですよね。

病院に相談すると高くつきそうなイメージですが、皮膚科で健康保険が適応されると料金も抑えられますので、市販でいくつか試すよりも安くなることがあります。

また、美容外科クリニックはニキビ跡などにも対応しているでしょう。
悩んでいるなら、まずは専門医に相談をしてみるといいですね。

一度できてしまうと、よけいに気になってしまう胸ニキビ。
特にムレやすい場所でもあるので、何度も繰り返しできてしまう人は、下着や生活習慣を見直す必要があるかもしれませんね。
薄着の季節までにきれいにしておくと、夏のおしゃれをもっと楽しめますよ♡

[aftag]5[/aftag]