クリニックの皮膚科専門医に聞いた!大人ニキビの対処法☆

BEAUTY

いつも気を付けていても、いつのまにか出来てしまう大人ニキビ。
ニキビについて皮膚科専門医がおしえてくれることを、まとめます♪

大人ニキビの対処には、皮膚科へ!

毎日しっかりお手入れしているつもりでも、なぜかできてしまう大人のニキビ。ようやく一つ治ったとホッとしていても、すぐまた新しいニキビが発生し、何度も繰り返す……。

そんなしつこいニキビに落ち込む前に、頼るべきなのがが皮膚科です。

少し前だと、重症化してしまったら、一般の皮膚科ではなかなか治らないと思われていたけれど、保険適用の「ディフェリン」という画期的な治療薬が登場!

新しいニキビのお薬「ディフェリン」!

出典:www.differin-gel.info

ディフェリンが5年ほど前に認可され、皮膚科でのニキビ治癒率が、飛躍的に上がっています。

ニキビができるのは、肌のメカニズムの上では、ターンオーバーがうまくいかず、角質が分厚くなりすぎるのが原因です。

厚い角質が毛穴をふさいで皮脂の分泌を妨げ、そこでニキビ菌が繁殖してしまって起こるのです。

ディフェリンとは、ビタミンA誘導体のレチノイドのことです。

ニキビのお薬「ディフェリン」が効くワケ♪

ディフェリンは、角質がどんどんできてしまっている状態を正常な成長スピードに緩め、皮膚の代謝を健康な状態に調整。新しいニキビを防ぎます。

また、以前のニキビ治療は外用薬としてはニキビ菌の抗菌薬のみの処方が主流でしたが、角質が肥厚したニキビのある肌には浸透が悪く、効きづらいことがありました。

その点、ディフェリンを取り入れると、角質を整えて抗菌薬の力をしっかり作用させられるので、出来てしまったニキビもより治りやすいのです。

ニキビのお薬「ディフェリン」使いはじめの注意点☆

ディフェリンは8割の人に、初めの2週間ほどの間、乾燥やかゆみ、ヒリつきが現れます。これは肌が変わり治っていくプロセスなので、薬が合わないと勘違いしてやめてしまわないこと!

角質が薄くなるので、紫外線カットも必要です。クリニックでは、保湿方法の指導やディフェリンを一時期患部だけに塗るなど、アドバイスもいただけます。

自己判断では間違うことも多いので、医師に経過をみてもらうことも大事です☆

いかがでしたか!?ニキビについて知らなかったことも、多いはず。
皮膚科専門医がおしえる正しいニキビの対処法で、悩みのないきれいな肌になりましょう♡