ただ日焼け止めを塗るだけじゃ焼けちゃうよ!紫外線をカットする方法

BEAUTY

肌を露出する季節が到来すると気になる紫外線。
日焼け止めを塗っただけで安心♡と思っていませんか?
日焼け止めを塗るだけだと、十分に紫外線をカットできているとはいえません。
来たる夏に向けて、しっかりと紫外線を予防する方法をご紹介します。

日焼けしないように♪紫外線をカットする方法①正しく予防!日焼け止めの選び方

紫外線予防で一番手軽にできて一番身近なものといえば、肌をカバーする「日焼け止め」。
塗るタイプの日焼け止めクリームからローション、ジェル状のものやスプレータイプまでその種類はバリエーション豊富。
ベタつきが気になる人はローションタイプ、手軽に済ませたい人はスプレータイプなど、自分の好みや肌感に合うものを選ぶと◎

また、日焼け止めを選ぶ際に指標になるSPFとPA。「なんとなく高い方が良い!」と思って数字の高いものを選んで購入していませんか?

SPFとは、UVBという種類の紫外線をカットする力を表したもののこと。
「約20分間何もつけていない素肌と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍延ばすことができるか」という目安になっています。

例えば、SPF30の場合は、20分×30=600分=10時間までは日焼けを抑制できるということ。
一方、PAはUVAという種類の紫外線の防止効果を強い方から++++、+++、++、+の4段階で表しています。

高い指数の日焼け止めは、その分肌への負担も大きくなります。敏感肌の人は、日焼け止めが原因で肌荒れしてしまうことも。
それに、暑い日にはどうしても汗と一緒に日焼け止めも流れてもしまいますよね。
おすすめは、指数の低いものをこまめに塗り直しながら使うことです♪

日焼けしないように♪紫外線をカットする方法②肌だけじゃない!目をカバー

紫外線は目からも進入してくるため、目を紫外線に晒さないことも大切。目から入ってきた紫外線も、日焼けの原因になるといわれているのです。

目の紫外線予防には、ツバが長めの帽子やサンバイザー、日傘も良いけれど、おすすめはサングラス。
直の紫外線を避けたとしても、地面やビルなどに反射して目に紫外線が入ってくる可能性があるので、しっかりと目を覆うサングラスが正解アイテムです。

暖かくなってくると、おしゃれ目的にサングラスをする人も多いと思いますが、見た目のおしゃれだけでなく機能性も考えて選ぶと紫外線ケアになって◎

ちなみに、レンズが暗めの色だからといって紫外線カット加工がされているとは限らないので、しっかりと確認して選ぶことが重要です。

日焼けしないように♪紫外線をカットする方法③オレンジ系ジュースには注意

暖かい季節になってくると、ホットドリンクを手放して冷たいジュースが飲みたくなりますよね。
昨今のコールドプレスジュース・スムージーブームでフルーツジュースを好む人も多いと思います。

ここで注意してほしいのが、オレンジやレモンなどの柑橘系フルーツジュースの成分です。
柑橘系のフルーツには、光毒性という光を吸収しやすくする成分が含まれているのです。
そのため朝出かける前や、日中テラスでくつろいでいる時などに柑橘系のジュースを飲むと、紫外線の吸収を促してしまうといわれています。

柑橘系フルーツは、美肌に良いビタミンCをはじめ、栄養価豊富。
取り入れることは体と美容にとって良いことなのですが、取る時間帯は夕方以降の日暮れ時をおすすめします♡

日焼けしないように♪紫外線をカットする方法④窓越しに油断は禁物

外は暑いけれど、中は涼しい♪と窓際でぽかぽか日向ぼっこをする時にも、紫外線には要注意です。

外に出ていないと強い日差しを感じることもありませんし、油断しがちですが、窓越しにも紫外線は入ってきているのです。

室内にいるから大丈夫と思わずに日焼け止めをしっかり塗って、長時間の日向ぼっこは控えましょうね♡

紫外線による日焼けは、美白の大敵。
夏になるといつの間にか焼けている……という人は、これらを意識して日焼け知らずな肌を作りましょう♡