女子が取得しておくと役立つ資格!秘書検定について知りたい♡

社会人に求められる一般的なマナーや知識が身につく秘書検定。
秘書と聞くと、使う機会あるの?と思うかもしれませんが、立派な社会人として働きたいなら、取得しておいて損はありません!そんな秘書検定について詳しくご紹介します。

秘書検定ってなあに?

www.yasuda-u.ac.jp

「ビジネスマナー」、「一般常識」、「電話応対の方法」、「座次のルール」や「冠婚葬祭のマナー」など、社会人になった途端、求められるこれらの知識。

キャリアを積めば自然と身につくものが殆どですが、せっかくなら体系的に学んで早くに知っておきたいですよね♪

そんなニーズを叶えるのが秘書検定という資格。取得すれば、社会人として恥ずかしくない知識と人間力を身につけることができます。

秘書検定の資格は昔から変わらないニーズの高さ!

jitsumu-kentei.jp

1972年に誕生して以来、職種を問わず、高校生から社会人までが受験してきた秘書検定。

合格し、資格取得者となれば、役立つことが色々とあります!
例えば、履歴書に「秘書検定」の文字があれば、社会人としてのマナーや良識を携えた人物であることの証明になります!
企業の採用にも有利な資格として今も変わらず高い人気を誇っているんですよ♪

電話応対や文書作成といった実務に基づいた技能は、日常生活においても大いに役立つものばかりですよ☆

気になる秘書検定の資格取得試験の内容とは?

秘書検定の試験は年3回行われ、マークシート方式と記述問題を組み合わせた内容で、2級までは9割がマークシートでの回答となります。

合格基準は正答率60%程度であるため、しっかり勉強しておけば、さほど難しくはありません。実際、3級~2級では合格率50~60%とかなり高めとなっているんです♪

ただし、面接試験が加わる準1級からは記述問題が大幅に増えることもあり、合格率は25%にまで下がりますので、秘書検定を受ける予定のある人はお勉強をしっかりしてくださいね。

秘書検定に合格し、資格を取得するための勉強方法とは?

www.pen-house.net

学生や初めて受験する人におすすめしたのが、秘書検定3級と2級の併願!

この2つの級は、難易度の違いはあっても試験内容がかぶっているので、入門的資格である3級と同時にひとつ上の2級にチャレンジしてみて。

3ヶ月程度の勉強で合格できる人が多いですが、もし、さらに1つ上の準1級を目指すなら、面接試験対策のためにも通信教育や学校を利用するのもおすすめです。

無事合格すれば、秘書検定のそれぞれの級の資格が取得できますよ♪
いかがでしたか?
社会人としての一般常識をあいまいなまま覚えている人も多いはず。
秘書検定の資格を取得すれば、きっと自信を持って働けるようになりますよ。ぜひ準1級を目指してがんばってくださいね。

秘書検定 資格 取得

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

よしだあき

ファッションでもスイーツでもかわいいものが大好きなライターです。

>もっとみる