どこも行き尽した……。マンネリ化を防ぐ!デートのネタ切れ解消法

長く付き合っていると、いろんなところへ遊びに行ってしまいデートもネタ切れしてしまいますよね。
いつもと同じサイクルのデートが続くと関係もマンネリ化し「一緒にいてもつまらない」「新しい人と付き合った方が楽しいかな?」なんて思ったりしてしまうかもしれません。
そんなあなたに贈る、マンネリ化を回避するためのデートネタ切れ解消法をご紹介します!

マンネリを防げ!デートのネタ切れ解消法① 一度のデートを短くする

デートに丸一日使うと、食事や遊ぶ場所を何ヶ所も周りますよね。
デートスポットをどんどん制覇してしまうだけでなく、金銭的にもかなり負担が大きくなります。

付き合いたてのカップルにこそアドバイスしたいことですが、一度のデートはそこまで長くする必要はないでしょう!
特に大学生は時間がたくさんあるので、長い時間を共に過ごしがち。
しかしそこは、アルバイトや勉強など自分の時間を増やすことで、恋人との時間とバランスを取り、自立した生活軸を作ってみて。

一度に会う時間が短いと、次に会う約束が更に楽しみになりませんか?
今度はここ行きたいね!と会話も弾み、次のデートも決まりやすくなります。

マンネリを防げ!デートのネタ切れ解消法② 大きな旅行を計画してバイトや仕事を頑張る

長く付き合っていて、たくさんのデートスポットに行き尽くしたカップルは、大きな旅行を計画することで恋人と共通の目標を作りましょう。

頑張る時間を増やすことで、旅行もいつもの数倍楽しめるはず!
マンネリ化回避のための重要な手段の一つです。

バイトや仕事ばかりで、デートを全くなくすのは逆効果。
人は定期的に会うことで心の距離を保つことができるので、いくら長く続いているからといっても、会わなければ心が離れていくこともあります。

定期的に会ってお互いの仕事のモチベーションを高め合い、旅行を思いっきり楽しめればベストですね♡

マンネリを防げ!デートのネタ切れ解消法③ 家でクッキングデートを楽しむ

どちらかが一人暮らしの場合、おうちデートで済ませることも多いでしょう。
非常に経済的ですが、映画を見たりゴロゴロしたりと、やることはスローペースなものばかり。

美味しいレストランも食べ歩きも飽きたカップルは、クッキングデートに挑戦することをおすすめします!
無限にあるレシピからあれこれ挑戦すれば、その都度新しい発見や楽しみを味わえるはず。

何かを一緒に作る経験を簡単にできるのが、このクッキングデート。
いつものお出かけデートやおうちデートよりも、新鮮な気分が味わえること間違いなしです。

夫婦生活をイメージできるので、もしかしたら結婚へも一歩前進できるかもしれませんよ♡

マンネリを防げ!デートのネタ切れ解消法④ 気になるトレンドを定期的に確認

お互いの趣味趣向は把握しているつもりでも、気付かないうちに変化しているなんてことも!
最近気になっていることや、やりたいことを、定期的に話し合うようにしましょう。

この場合、お互いトレンド情報に敏感だと非常に上手くいきやすいです。
特に最近だと、日本初上陸の飲食店や最新アート空間が話題を呼んでいますよね。

日頃から様々なサイトを見ていると、デートだけでなく友達と遊ぶ時にも役立ちます!
楽しそうなことにアンテナを張っていると、あなた自身も二人の時間も楽しくなるでしょう♪

マンネリを防げ!デートのネタ切れ解消法⑤ 勉強や運動を楽しむ

彼との楽しみ方は、デートスポットへ出向き、食事を楽しむことだけではありません。

運動が好きなカップルはバッティングセンターやロッククライミング、資格取得を目指しているカップルは一緒に勉強をしてみるなど、単純な遊び以外の楽しみも見つけてみて!

勉強デートは、彼に教えてもらえば更に仲が深まりそう♡
異なる勉強をしていても、途中でコーヒーを淹れてあげる、途中で膝枕をしてあげるなどをすれば、彼に癒しを与えてあげられること間違いなし!

正直遊んでばかりじゃまずい時期だな……というあなたは、勉強デートを提案してみても良いかもしれませんね。
関係のマンネリ化を回避するために、デートのネタ切れ解消法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
大切なことは、常にワクワク感を持つこと!二人が共通の楽しみを持ち続けることがポイントです。
マンネリ化回避の手段はカップルごとに異なります。悩んでいるカップルは、あれこれと模索してみて♪

【関連記事】そんな顔されたら好きになるよ♡男性がドキッとする女性の表情6つ

男性は女性の表情に思わず、ドキっとしてしまうことがあるんだとか♡その表情とはいったいどん...

デート ネタ切れ 解消 マンネリ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

明石愛

大学3年生です

>もっとみる