20代の女子へ!子どもっぽく見られないための大人ナチュラルメイク講座

20代に突入したら、一般的には大人の仲間入り。
子どもっぽくみられるのは避けたいところです。
今までのメイクを、大人のナチュラルメイクに切り替えましょう。

大人ナチュラルメイク①「バサバサボリュームまつげ」をやめる

beauty.hotpepper.jp

まず、大人メイクをするにあたって念頭においておくべきことは”ナチュラル”。

目はついつい力を入れてあれこれとメイクをしてしまうパーツですが、大人アイを目指すのならシンプルでOK。

例えば、バサバサのつけまつげやまつげエクステをつけることはやめましょう。
「あからさまにつける=盛る」この発想が子どもっぽいのです! 

マスカラのみ塗って、コームでとかして、まつげを細く長く仕上げれば、ナチュラルにデカ目効果が発揮されますよ。

大人ナチュラルメイク②「青みピンクチーク」をやめる

www.amazon.co.jp

一発で可愛くなれる青みピンクのチーク。
ですが、大人にしてはちょっぴり可愛すぎる色みかも。

青みピンクチークは、主張が強めのカラー。
ぽてっとしたお人形みたいなほっぺになるので、可愛いけど大人メイクが求めるナチュラル感はあまりありません......

大人メイクにするなら、ふわっと色づく柔らかめのカラーが正解! 
肌の内側から浮き出たようなナチュラルな発色がベストです。
肌なじみの良いコーラルピンクが使い勝手抜群ですよ! 

大人ナチュラルメイク③「フチありデカめカラコン」をやめる

www.amazon.co.jp

まつげと同じで、つい盛りがちなのがコンタクト。

”フチあり”、”直径が大きい”、”高発色”なカラコンは、確かにデカ目効果は最高。
でも、子どもっぽい丸目になるので大人っぽさからは遠ざかってしまいます。

20代に突入したら「カラコン」はやめて、ナチュラルな「サークルレンズ」に変えてみましょう。

カラコンに比べて黒目は小さくなりますが、白目が大きくなった分”ヌケ”が出て、意外とデカ目に見える効果アリ!

大人ナチュラルメイク④「ギラギララメ」をやめる

www.witchsshop.jp

お目立ち度がぐーんとUPするラメ。
リップやアイシャドウについつい入れてしまいがちですが、あからさまに輝かせるというのは子どもの発想。

ラメを入れるなら、大人メイクはさりげなく輝かせるのがポイントです。

例えば、超細かい大きさのラメを選んでみること。
ふとしたときにキラッとして、奥ゆかしい色っぽい目元に格上げしてくれます♡ 
大人メイクの基本は、”ナチュラル”。
”あからさまに盛る”という概念は捨てて、潔くシンプルに仕上げてみましょう! 
案外その方がメンズウケも良かったりしますよ♡ 

大人 ナチュラル メイク 美容 講座

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

松下 侑衣花

Twitter:@Yuika1231/美容ライター

>もっとみる