自分に自信がつく「無意識」な行動とは?

LIFESTYLE

私たちは日々頭を使って生活していますが、実は使用しているのは1割だけ!
残りの9割は“無意識”で使われているのです。
今回はその無意識を使って、自信をつける方法をご紹介いたします♪

【自信がつく無意識な行動➀】肩甲骨を上げる

肩甲骨を意識して、一日を過ごしたことありますか?
きっとほとんどの方が、ノーと答えるでしょう。

肩甲骨は、背中側の肩の下にあります。
手を後ろにもっていくと、その部分がモリッとなるかと思います。

そこを常に意識して2~3cm上げるようにしてみましょう!
意識することによって猫背にならず、姿勢がよく見えるというメリットもあります。
後ろ姿美人になるためにも、継続することをおすすめします♡

【自信がつく無意識な行動②】広角を上げる

笑顔でいると、α波というリラックス状態を作る脳波が出るんです。
だから、笑顔でいるときは気分も最高だし、幸せな感情に包まれるのですね♡

これは面白いことや楽しいことに巡りあったときだけではありません。
自ら口角をあげるだけでもいいのです◎
常に口角を2mm上げて生活する習慣を身に付けましょう。

最初は意識しながらやらなくてはいけませんが、クセになればこっちのもの。
無意識に、ふんわり微笑みを作れる人になっているはず♪

周りから真顔が怖いと言われることが多い人は、特に身につけてみると良いかもしれませんね◎

【自信がつく無意識な行動③】ガッツポーズをする

日常的にカッツポーズをするなんて、おかしな話だと思うかもしれません。

なにも、人目につくような場所でガッツポーズをする必要はありません。
しかも、今回ご紹介するのは“肩よりも高い位置”でするものなので、余計に人前ではやりにくくなります。

日常的に、手を肩よりも高い位置に持っていくように心がけましょう。
人は気分が高揚していると、手を高く上げる傾向があるようです。
手を高く、肩よりも上に上げているときは、興奮状態にあるということ。

例えば、ライブ。手を頭上に掲げてジャンプしますよね?
大人数の友達と盛り上がっている時も、何回か手を高く上げたことがあるかと思います。

こちらも他と同様、初めは意識しながら行い、徐々に無意識でもできるようになるのがベスト。

やり始めはなんでガッツポーズしてるの?とか不気味な気持ちになるかもしれませんが、慣れてくると自然と自信を持っている自分に気がつくはずです。
まずは7日間意識して行ってみましょう♪