30代って損してるの?先輩と後輩の板挟みにされない4つの方法

LIFESTYLE

面倒を見なければならない後輩や部下が増えてきて、でも先輩や上司には従わなくてはならない……。
それが30代、板挟み世代ですよね。
どこか理不尽だなと感じることが増えてくる板挟み世代のための、生き抜く方法についてご紹介します♪

理不尽な30代を生き抜く方法①そろそろ反論!抵抗力を身につけよう

上司にへこへこ、先輩の言うことは絶対!
そんな時代はそろそろ終わりに近づいています。

あなたに部下や後輩ができたということは、今度はあなたが指示をする番。へこへこしているばかりだと、後輩にかっこいいところを見せられません。

そろそろ先輩に反論してもいいかな、私の考えの方が効率的じゃないかなと思うなら抵抗するのがベスト。改善ための抵抗ならば、会社としても評価をしてくれるはず。

ハッキリと物事の良し悪しを言える人は、上からも下からも慕われる存在になれますよ♡
もちろん丁寧に発言し、乱暴な言葉遣いはNGですよ。

理不尽な30代を生き抜く方法②保護力を身につける

抵抗力ばかりつけていたら、外から吹き込む風が痛い時もあります。そんなとき、自分を守れるのはあなた自身だけ。

保護力もしっかり身につけておかなくてはなりません!

陰口や噂話はなくなりませんから、いかにその場から立ち去ることができるかが重要です。あなた自身のことであっても、また、他の同僚の話であっても聞き入ってはダメ。

結果的に、その行動があなたを保護してくれることになりますよ♡

理不尽な30代を生き抜く方法③再生力を底上げしよう

意見をはっきり言って、同僚の噂話から距離を置いて、それでも神経が擦り減ってしまいますよね。減った部分を取り戻すというよりは、自分で補えるようになりましょう。

そこで3つ目の身につけてほしい力は、再生力。

30代は肌も心も再生力が命!
外から中からあなたのモチベーションを再生できるよう、気分をリフレッシュする方法を知っておくべきです。

これはアラサー世代で、最も重要な力なのではないでしょうか?

理不尽な30代を生き抜く方法④増強力を得る

会社では板挟み世代と言われるけれど、世間的に見たら女性としての人生のターニングポイントに立たされている世代でもあります。

今では、仕事と家庭の両方を選択する人も増えてきて、女性としてさらに強くなっていますよね。

それを支えているのが増強力。
失敗も山ほどしたし、泣きたい夜も幾度となく越えてきたはず。それらをバネにここまで頑張って、新しいものが生まれるんです。

アラサー女子なら誰もがこの感覚をわかっているはず。それがあなたの増強力、年を重ねても大切にしたい力です♡

いかがでしたか?
大変なことが年々増えてきて、投げ出したくなることもあるけれど、強い女性は男女ともに憧れの的♡
これら4つの力を身につけて、パワーアップさせて、さらに活躍していきましょう!