保険適用の場合もあり。「不妊治療」の気になる費用とは?

不妊治療の気になる点として、“費用”が挙げられるでしょう。
子どもは欲しいけれど、莫大な費用がかかってしまうのは非常に困りますよね……。
今回は、保険が適用される場合とされない場合の基準をご紹介します!

この記事の監修

六本木レディースクリニック 院長 Dr. 小山 寿美江

保険は適用される?不妊治療にかかる費用

「不妊治療」と聞くと、多額のお金がかかるイメージがありませんか?
不妊治療を考える人にとって、今後どれだけのお金がかかるかは気になるポイントでしょう。

体外受精による不妊治療の費用調査によると、平均約130万円以上かかるとされています。

しかし、不妊治療は期間が伸びるにつれてかかる費用も増加するため、体外受精や顕微授精を何度もチャレンジした場合は倍以上の金額を要することも。

不妊治療は治療内容で費用が大きく異なるため、適用基準などの情報を事前にしっかり調査する必要があります!

不妊治療で保険が適用されないケース

不妊治療で保険が適用されないケース、それは人工授精や体外受精などの治療です。

一般的に不妊は病気とされていません。
タイミング療法で妊娠に至らなかった場合や男性不妊がある場合、人口受精や体外受精へステップアップしますが、これが不妊治療にお金がかかる最も大きな理由です。

不妊治療で保険が適用されるケース

不妊治療の全てが保険適用外というわけではありません!

初期の不妊治療にかかる検査(初診からタイミング法)は、病気を発見するための検査として扱われるため、超音波検査や尿中LH検査など保険が適用される検査もあります。

最初から最後まで保険適用外ということでは決してないため、安心してくださいね。

医療機関によって異なる不妊治療の費用

実は、保険の適用は医療機関に委ねられており、自由診療の場合は料金を医療機関が独自に定めて良いとされています。

そのため、保険適用の有無が明らかでないものは医療機関によって費用が異なることも。
同じ検査や治療を受けていても値段が違う!という事例もあります。

費用面が気になる方は多くの医療機関を調査し、料金体系を事前にチェックしておきましょう!
不妊治療の費用に関してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
不妊治療を検討する多くの方が悩んでしまう費用面。保険適用の事前調査が非常に重要です。
焦らずじっくり比較し、お二人にとってベストな選択肢を選びましょう!

【関連記事】「不妊治療」を考え始めたあなたへ。まずは治療の種類を知ろう

不妊治療法にはいくつかの種類があることをご存知ですか?最も一般的な方法としてタイミング...

不妊治療 費用 保険適用

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

藤代苗

スポーツジムに通っていて、身体を動かして健康体を維持しております。

>もっとみる