肝斑を消したい……!肌治療レーザー「スペクトラ」とは?

BEAUTY

30~40代の女性に多く見られる、顔にあらわれる薄茶色のシミ「肝斑」。
ぼんやりと地図のような形で広がるので、なかなかお化粧では隠しにくいといわれています。
そんな肝斑に高い効果が寄せられる「スペクトラ」という治療法についてご紹介します!

なぜ肝斑ができるの?

シミの一種として分類される「肝斑」は、一般的なシミのような大きさではなく、ぼんやりとのっぺりとした地図のような形になるのが特徴です。

なかなか素人目では判断が難しく、また女性限定で30~40代にかけてあらわれることが多いため、他のシミ治療とは違った治療法が必要になります。

そんな肝斑ですが、なぜ出来てしまうのでしょうか?

原因としては「女性ホルモン」が挙げられています。主に、妊娠やピルの服用との関係が指摘されており、女性ホルモンバランスが影響しているのではないか、といわれているためです。

また、女性ホルモンが原因だからといって紫外線ケアを怠っていると、肝斑部分が濃くなってしまうため注意が必要です。
そんな肝斑を治療することができる「スペクトラ」という施術法をご紹介します。

肝斑は日頃のストレスにも要注意!

たかがストレスと侮るなかれ、ストレスも肝斑ができてしまう原因の一つです。

ストレスによってホルモンバランスが崩れることがあります。
もともとあった肝斑がストレスによって悪化する場合があり、注意が必要です。

単なる「気のせい」ではなく、「最近よくストレスを感じることがあって、なんだかシミが濃くなった気がする」という人が実は多いのです。

肝斑を含め、シミのもとになるメラニンを作る「メラノサイト」という細胞は、神経に影響されているといわれています。
ストレスがシミに影響しているというのは、ドクターの間でも知れ渡っていることなのです。

肝斑を強力に撃退!スペクトラとは?

いろいろな部分からの原因が重なってあらわれる「肝斑」ですが、今とても注目されている治療法があります。
それが「スペクトラ」です。

スペクトラのレーザーはアジア人の肌のために開発されており、他のレーザーのように肝斑が悪化したり「肝斑が治らなかった……」ということがない点がポイントです。

施術ペースは、2週間に1度を4回、2か月続けます(回数は個人差あり)。照射自体は15分と短く、当日そのままメイクも可能です。
レーザー治療なのにも関わらず、メイクをして帰れるとは驚きですよね。

照射当日は半日ほど赤みが出たり、まれにくすみが出ますが一過性のものでいずれ治ってくるので安心できますね。

嬉しい♡スペクトラは肝斑以外にも抜群の効果!

スペクトラによるレーザー治療法は肝斑におすすめなのはもちろんですが、照射モードを変えれば肝斑だけではなく以下症状にも効果があります。

・シミ、そばかす除去
・あざ(扁平母斑、太田母斑、異所性蒙古斑など)の治療
・いれずみやタトゥー、アートメイクの除去
・肌質改善

肝斑やその他の肌トラブルに悩み続けるあなた。スペクトラで、一気に悩みを解決してみませんか?

肝斑治療に効果を発揮する最先端レーザー「スペクトラ」の魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
今まではレーザーで完全に肝斑を除去するのは難しいといわれていましたが、スペクトラであれば理想の肌に近づけますよ。
少しでも気にする部分があれば、ぜひ一度カウンセリングに行ってみてくださいね。