おすすめ映画!コララインとボタンの魔女が魅力的

Lifestyle

“ボタンの目”に映るのは「偽りの世界」…。
この映画は、何かがオカシイもうひとつの世界に迷いこんだ少女のちょっぴり奇妙な物語。
今回は、おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」の魅力に迫ります!

おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」①あらすじ

出典:moon.ap.teacup.com

まず最初におすすめ映画「コララインとボタンの魔女」のあらすじをご紹介します♪

両親と新しい街に引っ越し、新しい生活を送っていた主人公の“コラライン”。
両親はいつも仕事で忙しく、コララインと遊んでくれず不満が溜まる一方。
嫌気がさしていたある日、コララインは家の中にレンガで封印された小さな不思議なドアを見つけます。

そのドアを開くとそこには、“もう一つの世界”が広がっていたのです。
“もう一つの世界”には、にぎやかなサーカスに美しいお花畑、そして現実世界とはまるで違う優しい別のパパとママ。
しかし、“もう一つの世界”の楽しかったはずの生活もある日を境に変わってしまうのです…。

おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」②豪華なキャストが出演!

出典:hizen.nagoya

おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」に登場するキャラクターは、豪華な俳優陣が声優を務めています!

本作の主人公の11歳の少女“コラライン”の声を、人気女優の榮倉奈々さん。
気まぐれで不思議な存在の猫“黒猫”の声を、お笑いタレントの劇団ひとりさんが演じています。

ほかにも、女優の戸田恵子さんや俳優の山路和弘さんなど、キャラクターの声に注目しつつご覧になってみてください♪

おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」③こだわりの映画!

おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」はたくさんのこだわりが凝縮されています。
映画「コララインとボタンの魔女」の世界を作ったセットの数はなんと、130以上。
これは面積にすると、約約17,000㎡もの広さになります。

重要な役目となる“コララインの人形”を1体作るのに費やした時間は、スタッフ10人で4週間!
また、主人公の“コラライン”には207,336通りもの表情があるのだとか。

そして、ネズミサーカスのシーンを作るのにかかった時間はなんと66日!
とにかくすべてのシーンに、こだわりを詰め込んだ映画となっています♪

おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」④見どころ

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督“ヘンリー・セリック”さんが贈る映画「コララインとボタンの魔女」には見どころが満載!
ホラーテイストのこの映画はちょっぴり怖さの中に、キャラクターがイキイキと魅力的に描かれています。

キャラクターだけではなく、登場する舞台もとにかく細かくつくりこまれていて、その不思議な世界観に引き込まれてしまうこと間違いなし!
なかでも見どころのシーンは、美しい庭やネズミサーカス、世界の崩壊シーンなど。

唖然としてしまうほど美しい映像に、あなたも魅了されてしまうでしょう。
大人女子におすすめの映画です♡

今回は、おすすめ映画「コララインとボタンの魔女」の魅力に迫りました☆
今までに観たことのないカラフルでファンタジーな世界に、引き込まれてしまうこと間違いなし!
ぜひ一度ご覧になってくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。