好きって言えない。恋したアラサー女子のこじらせ解消法

年齢を重ねれば重ねるほど、経験値が増えれば増えるほど、恋愛に臆病になってしまって一歩が踏み出せない……。そんなアラサーの女性も多いのではないでしょうか?
「好きなのに好きって言えない……」「好きになるのが嫌」そんなこじらせ女子にならないためのハウトゥーをご紹介します。

恋したアラサー女子のこじらせ解消法①フラットに自分の気持ちと向き合う

社会人になり仕事を始めると、日々の生活や仕事に追われて、どうしても恋愛の優先順位が下がってしまいがちですよね。

そんな時に、突如「好きかも……!」なんて人が現れたら、どうしていいか分からなくなってしまいます。
「好きかもって思ったけれど、違うかも……。」「どうせ私なんか眼中に無いだろうし……。」「彼には釣り合わないよな。」なんて、言い訳を並べて自分の気持ちに蓋をしていませんか?

年齢を重ねると、今までの経験から傷つくことを恐れたり、今までの平穏な生活が恋愛によって乱されるのではないかと恐くなったりします。

でも、無理に自分の気持ちを押し込めるのでは、辛いだけです。
まずは自分の気持ちに素直になりましょうね。

恋したアラサー女子のこじらせ解消法②過去に囚われない

新しい恋を始める時に、過去の経験が足かせになることがあります。

特に、20代も後半になれば、様々な経験をしてきているので、恋に臆病になることもあると思います。
誰でも、傷つくのは恐いですよね。

でも、自分自身も過去の経験があってこその今なので、きっとその時点よりは成長していますし、何より恋の相手が違うのです。

過去の経験は、ステップのひとつとして、決して囚われないようにしましょうね。

恋したアラサー女子のこじらせ解消法③自分のペースで

とはいえ、すぐに「好きだ!」と言えるかといえば、なかなか難しいですよね。

中学生の頃のように好きな人にはすぐに好き、と伝えられればどんなに楽なんだろうと思いますが、実際にはなかなか出来ません。

大人になればなるほど、恋愛の感度は下がっていき、「好きだな」と思える相手に巡り合うことが少なくなります。

だからこそ、自分が「好き」と思える相手には、自分のペースでアプローチしてみましょう。

恋したアラサー女子のこじらせ解消法④素直になる

「素直になる」ということが、時にすごく難しく思える時があると思います。

本当は素直になりたいのに、もっと好きになるかもしれないから嫌だな……と思って断ってしまったり、褒めてもらえて嬉しいのに、でも他の子にも言ってるんだろうなと思って喜べなかったり。

恋愛をすると、感情がごちゃまぜになってしまって、自分自身でもどうしたらいいのか分からなくなってしまうことがありますが、実はとてもシンプル。

嬉しいと思ったこと、近づきたいと思う気持ち、会いたいと思う瞬間、そのようなシンプルで単純な感情を大切にして、少しだけ素直になってみましょう。

素直になることで、違う未来が待っているかもしれません♪
年を重ねると、学生の頃のように簡単に恋が出来なくなってしまいますよね。
でも、いくつになっても恋する気持ちは素敵なもの。
アラサーになっても、素敵な恋愛が出来るように、こじらせ女子を卒業しましょうね♡

【関連記事】数年ぶりの恋到来!?久しぶりに片思いをしたら気をつけること4つ

数年ぶりの春到来!?今までずっと一人で過ごしてきたからこそ、好きな人がいるだけで舞い上...

女子 アラサー 解消法 好き

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる