片足だけ痛くなる!パンプスを履いて痛くなった時の原因と対処法

LIFESTYLE

スタイルをよく見せてくれるパンプスは、オンもオフも頼りにしている女子が多い、いい女のマストアイテム。
とはいえ、毎日パンプスを履くことによる足の痛みや、スポンと靴が脱げてしまうなどいろいろなトラブルに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
今回は、いつも決まって片足だけ痛むという、パンプスによくある痛みの原因と対処法をご紹介します!

パンプスを履くと片足だけ痛い時の原因とは?

パンプスを履いている時の悩みは、症状別に原因が違うんです!
よくあるお悩み別に原因を探ってみると、足にはいろいろな負担がかかっていることがわかります。

①足のつま先が痛い
原因▶︎パンプスを履いている時に体重が前にかかり過ぎている

②かかとが痛い/靴擦れする
原因1▶︎靴が足を締め付けすぎている
原因2▶︎パンプスの生地が固すぎる
原因3▶︎サイズが合っていない

③靴は合っているのに足が痛い
原因1▶︎立ち姿が悪い
原因2▶︎足のむくみが激しい
原因3▶︎歩き方に問題あり

④片足だけ痛くなる
原因▶︎体重が片方に寄りすぎている

今回は中でも、「片足だけ痛くなる」というお悩みに焦点を当てて対処法をご紹介します!

片足だけ痛い!悩めるパンプスの対処法①自分にあった靴を選ぶ

足元の靴は、自分にあっていないものを履き続けると体の歪みや不調の原因にもつながる、まさに健康を左右してしまう要素です。

だからこそ、靴選びはきちんとフィッティングをすることが大切ですが、自分でもできる靴選びのポイントは次の通り。

・サイズは自分にあっているか
・素材は柔らかい素材か

万が一サイズが合っていないものを買ってしまったら、靴下を履いた状態でヒールを履き、ドライヤーを当てるとちょうどいいサイズに革が伸びてくれるので、試してみてくださいね♡

片足だけ痛い!悩めるパンプスの対処法②インソールを活用する

足が痛くなりにくいパンプスもありますが、可愛いデザインのものなら、無理してでも履きたくなってしまうのが乙女心というものです♡

痛いのを我慢してでも履きたい時には、市販のインソールを使うといいですよ。

つま先が痛い場合には、つま先用のジェルパッド。
足全体が痛い場合には、立体インソール。
サイズ調整したい時は小さめのジェルシール。

上記を参考に、症状に合わせて使い分けてみてください!

片足だけ痛い、脱げる、という場合にも後から付けられるシートなら、片方だけ入れるという対策もできるので靴を買い換える必要がなくて便利です♪

片足だけ痛い!悩めるパンプスの対処法③むくみ対策・体の歪み矯正をする

パンプスを履いていて、午後から足が痛くなるという人は、足がむくみやすいのかもしれません。
むくみ解消のためのマッサージをしたり、デトックス効果のある食べ物を意識的に食べるなどしてみましょう。

また、片足だけ痛い場合には、歩き方や体が歪んでいる可能性大!
整体などで体を矯正したり、片足に体重をかける・脚を組むといった動作をなるべくしないように心がけたりして歪み矯正を意識しましょう。

おしゃれ心を忘れたくない女子にとって、ヒールの高いパンプスは、女子としての自信も高めてくれるお守りのような存在ですよね♡
片足だけ痛い……という人も可愛いパンプスを快適に履けるように、便利グッズなどを活用して痛みを解消してみてください!