社会人の基本!「好印象な話し方」とは

LIFESTYLE

社会人として覚えておきたい、話し方。
営業の方はもちろん、営業の方以外でも知っておきたい好印象な話し方には、実はポイントがあるんです。
アナウンサーの方や話すのが仕事の方が実は実践している、「好印象に見える話し方」のテクニックをご紹介します。

「好印象な話し方」とは?

社会人として覚えておきたい「好印象な話し方」。

ちょっとしたポイントに気をつけるだけで、グンと印象が変わります。

好印象な話し方とは、「自分が話すこと」と言うよりも、「相手が気持ちよく話せるか?」ということが実はとても大切なんです。
好印象な話し方は、会社の外で商談をする時だけでなく、社内の方にもとても好印象を与え、電話対応でももちろん使える!
そんな覚えておきたいポイントをお伝えします。

好印象を与える話し方☆ポイント①「声の高さ」

実は声のトーンってとっても大切。
実際に面と向かって話す時は、声の高さは「低め」にしましょう。

大人になってもキンキンと高い声では、品のない印象になってしまいます。
ニュースのキャスターも低めの落ち着いた声で話していますよね?
あれは実は意識して話しているんです。

地声が高い方もきちんと腹式呼吸を使って、品良く低めの落ち着いた声を出せば大丈夫。
「人にも聞いてもらいやすい声」となり、好印象を与えるポイントのひとつです。

好印象を与える話し方☆ポイント②「話すスピード」

好印象となる話し方には、「相手がどれだけ気持ちよく会話ができるか」がポイントとなります。

話すスピードも早口で、何を言っているかわからなくならないように、少しゆっくりめに話すのがポイントです。

余裕のあるゆっくりとした話し方は、聞く人も聞き取りやすく、上品な印象が与えられるようになります!
特に電話の際には、ゆっくりめに話すことが相手への気遣いにもつながります♪

好印象を与える話し方☆ポイント③「相づち」

相手に気持ちよく話してもらうために、相づちはとても大切です。

相づちといっても、わざわざ言葉を出さなくてもOK。
要所要所でうなずくだけでも聞いているときの印象は、ぐっと変わります。

相手にも「きちんと聞いてくれているんだなぁ」と言う姿勢が表せる相づちは、しっかりと相手側にも聞く姿勢を示している気遣いにも繋がるので、好印象を与える大切なポイントです!

好印象に見える話し方には、実はポイントがあります。
そして話し方のプロはきちんとポイントを押さえて話しているはずです♪
大切なのは「相手が気持ちよく話せるか」。
今回は社会人としてぜひとも覚えておきたい、好印象を与える話し方のポイントをご紹介しました!是非試してみてくださいね♪