できた位置で不調が丸わかり!?《体の部位別》ニキビの原因&対策

BEAUTY

体が疲れていたり、ついつい寝不足や暴飲暴食など不健康な生活をしていたりすると、出てきてしまうニキビ。

気がついた時にはもう遅い!?……と諦めずに、原因とその対策を知っておきましょう。
できてしまったニキビへの正しい対処方法とは?ニキビを繰り返さないための方法とは?
ぜひチェックしてくださいね。

すみれ
すみれ
2017.03.27

顔のニキビと体のニキビはどう違うの?

全身の中でも、ニキビは顔や背中などにできやすいですね。
ご存知のようにニキビと言っても、白い角質がでるものや油分がぶにゅっとでてくるもの、赤く腫れるものなど、タイプは様々です。

進行具合や化膿の具合によって、そのタイプは分けられるのですが、そもそも体にできるニキビと顔にできるニキビは、別の原因菌によるものだということはご存知でしたか?

人間の皮膚には、もともとたくさんの常在菌がいます。
その中のアクネ菌、マラセチア菌がニキビの原因となる菌。

この2つの菌は、空気を嫌い、脂を好む性質があります。
角栓ができて出口がなくなった毛穴は、皮脂もたまっていて、菌にとっては絶好の環境!
そこへ菌が入り込み、増殖してしまうため、炎症が起きます。
これがニキビが発生するメカニズムです。

顔のニキビの原因となるのは、アクネ菌。
ビタミンCやEなどの抗酸化物質で、アクネ菌による皮脂の分離(遊離脂肪酸とグリセリンに分解、遊離脂肪酸というのが悪さをします)、脂質の代謝を助けるビタミンB2の摂取で脂質の代謝を活発にすることで、ニキビの悪化を防ぐことができます。

体に発生するニキビの原因はマラセチア菌というカビの一種。
痛みや痒みがなく、アクネ菌由来のニキビとはできてしまった時の印象も異なります。

背中にできていても、気付きにくいこともありますよね。
ニキビになるメカニズムは、アクネ菌とほぼ一緒。
ただ、自力での治癒は難しく、皮膚科で処方される薬が有効であることが多いよう。

それぞれに適した対処法が必要と言えそうですね!

ニキビができた場所で体の不調が分かる!①顔

顔にできるニキビはとっても目立つため、自分でも気が付きやすい部位。
気になって潰してしまい、かえって炎症を悪化させてしまった経験がある人もいるのでは?
顔の中でもニキビができやすい箇所ごとに、原因を探ってみましょう。

◆生え際や眉毛付近
特に治りにくいといわれる、ニキビの代表格。
一番大きな要因は、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア用品や、ワックスやスプレー等の整髪料などの外部刺激です。
使っている商品を変えた直後にニキビが出たのであれば、それが原因かもしれません。
シャンプーやコンディショナーは、すすぎ残しがないようしっかり洗いましょう。
ワックス類もつけすぎに注意し、肌の調子がイマイチの時にはお休みしてください。

◆Tゾーン
毛穴の皮脂詰まりが原因のようです。
このゾーンは、皮脂の分泌も盛んなので、ニキビがひどくなりがち。
乾燥によって角質層が荒れることで、肌の表面を守ろうとたくさん皮脂が分泌されてしまいます。
ニキビを誘発する前に、保湿ケアを心がけましょう!
テカっているからといって、何度もしつこく洗顔するのはNGです。

◆鼻の下や顎付近
他のゾーンとはちょっぴり原因が異なります。
男性ならヒゲが生える部位にあたるこのゾーンは、男性ホルモンの影響を受けやすいのです。
不規則な生活やストレスによって、男性ホルモン優位の体質になっているのかもしれません。
この付近にニキビができてしまったら、一度生活習慣を見直してみましょう。

いずれもしっかりと1日の汚れをオフしてから、保湿をしてあげることが大切ですよ♪

ニキビができた場所で体の不調が分かる!②首

ニキビは、顔だけではありません。
顎下から首元、うなじ側も含めた首もニキビができやすい箇所のひとつ。

顔ではないため、体ニキビ=マラセチア菌が原因?と思いがちですが、首のニキビの多くは、Uゾーン(顎のフェイスラインのこと)と同じような原因と、ケア方法が当てはまりそう。

つまり、男性ホルモン優位になっていたり、ストレス、生活習慣の乱れによって角質が荒れたり、乾燥した状態になり、毛穴が詰まってニキビを誘発しているということです。
顔に行う保湿ケアと同じように、首のあたりも保湿ケアをしてあげることがポイントです。

また、首の後ろの部分はシャンプーなどの洗い残し、髪の毛の毛先、襟元の擦れなど外的刺激が多い箇所。
寝具の衛生状態も大きく影響します。
この辺りにできやすい人は、この2つのポイントを改善してみてくださいね。

ニキビができた場所で体の不調が分かる!③胸元

大人になるとできやすくなる、鎖骨のあたりや胸元のニキビ。
できてしまうと胸元の開いたシャツやドレスなどを選べず、苦労しますよね……。

運動したとき、胸元というのはとても汗をかきやすい部位です。
体の中でも隆起した部分なので、衣服との接触も多くなります。

さらに両胸の間、つまり谷間の部分は皮脂線が大きいのです。
毛穴が開いてしまうと、その分、皮脂がたくさん詰まりやすいということになります。

汗をかいて、蒸れたままにしてしまうのが最もNG行為。
季節に合わせて適切な下着をつけるようにしたり、スポーツのあとはさっと汗を拭いて、着替えたりすることも、大切なスキンケアのひとつです。

女性の場合、ブラジャーも大きな原因に。
サイズの合っていないブラジャーによる過度の締め付けや擦れ、蒸れ、汚れなど、ニキビができやすい環境が整っているのです。
吸湿性のよい下着をチョイスすることも大切なニキビケアですよ。

ニキビができた場所で体の不調が分かる!④背中

人に言われるまで気が付きにくい背中のニキビ。
原因はマラセチア菌です。

胸元同様、汗をかいても拭きづらい箇所なので、女性の場合には特にブラジャーが当たるところにできやすいという特徴があります。
蒸れにくい天然素材のもの、サイズが合っているもの、食い込みにくい幅広のものなどを選んでみてくださいね。

背中の皮膚は他のパーツよりも厚いので、毛穴が硬くなって詰まりがちに。
ピーリングでしっかり汚れをオフしたあとに、保湿をしてあげることが重要です。

ストレスが溜まることで起こる男性ホルモン過剰、炭水化物過多、ビタミンB群の不足のふたつが原因となり、皮脂が多く分泌されてしまうことでニキビが発生します。
忙しい、疲れている、外食になりがちの3要素にはくれぐれも注意を!

日頃のバスタイムにも、何か原因が隠れているかもしれません。
背中は手が届かないので、洗うのが難しいですよね。

ブラシやボディタオル、スポンジなどを使って優しく洗います。
ゴシゴシするのは、マイナス!
肩甲骨の間は特に洗いづらく、かつニキビ発生頻発箇所。
手も届きにくいので、上手に洗浄グッズを使ってくださいね。

体を洗ったあとに髪の毛を洗う人も要注意。
すすぎ水に含まれる余分な成分がせっかく洗った体を伝ってしまってはいけません。
順番を見直すか、体もしっかり流すようにしましょうね。

ニキビができた場所で体の不調が分かる!⑤お腹

お腹にもニキビができることがあります。
顔よりも発症に気付きづらいニキビです。

腹部は皮膚も柔らかいので、衣類などで擦れて潰れてしまうと、跡になりやすいのです。

また、できてしまうと、繰り返すことも多いお腹ニキビ。
一度皮膚科での診察を受けてみるのも手です。

お腹のニキビは、胃腸の調子が悪い時にできやすいとの一説があります。
つまり、暴飲暴食には要注意!
時間がなくて栄養バランスが崩れていたり、アルコールの摂取によって肝臓に負担がかかっていたりしていませんか?

腹部のニキビは特に皮脂の分泌が盛んなパーツではないゆえに、体調が反映していることが多いので、生活習慣の見直しが有効といえそうです!

不調を治してニキビを改善する方法①食生活の見直し

できてしまったニキビは、外用薬を使うなどして、潰さず触らず、悪化させることなく落ち着くのを待つしかありません。

問題はその次です。
ニキビが繰り返さないようにするのに重要なのは食生活を含めた、生活習慣の見直しです。

忙しいと食生活も乱れがちですよね。
どんなに忙しくてもパンだけ、ごはんだけ、麺類だけなど、炭水化物のみになってしまうと、皮膚の新陳代謝が滞ってしまいます。

栄養素を壊さず野菜を取り入れられるスムージーや、手軽にたくさん野菜を食べられる蒸し野菜などを積極的に食べるようにしましょう!

皮膚を健康に保つビタミンを含んだ野菜、果物、レバー、ナッツ、イソフラボンを多く含む大豆製品を取り入れた食生活を心がけるといいですね♪

不調を治してニキビを改善する方法②スキンケア方法の見直し

ニキビはどうしてできるのか。
その原因を探ると、やっぱり基本の基本にはスキンケアがあるようです。
テカってしまってついつい洗いすぎたり、脂取り紙で油分を吸い取ってしまったりすることは、間違ったケアの代表例なんだとか。
皮膚は、適度な水分と油分が層になっていることで、健康的でいられるのです。

テカテカ肌の人はニキビが出てくると、ついついゴシゴシ洗ってしまいがち。
念入りに洗ったあとはさっぱりした!とそのままにしていませんか?
しっかりとクレンジングして余分な汚れを落とした後は、たっぷりの保湿剤でうるおいを与えます。
ゴシゴシ洗うと角質が剥がれ、角質層を守る為に皮脂膜ができてしまうから逆効果です。

乾燥肌の人は、カサカサに荒れてしまいバリア機能が低下してしまっている肌の状態を改善しましょう。徹底的な保湿が要です。

また、疲れがたまり男性ホルモン優位になっている可能性もあります。
体を冷やさず、温めリラックスさせてあげることも重要なケアになってきますよ!

不調を治してニキビを改善する方法③市販の薬やピーリング材を使う

もっとも手軽なニキビ治療といえば、塗り薬ですね。

特に、アクネ菌が原因のニキビには、優しく泡で洗い、保湿をした後に塗り薬を添付してあげるのも効果があるといわれています。
薬局などでも購入できますが、体にできやすいマラセチア菌由来のニキビの治療は、皮膚科受診がおすすめです。

また、ピーリングで古くなった角質や角栓を除去することも、メジャーなニキビ治療。
医療機関で受けられるケミカルピーリング同様、ピーリング剤が添加された石鹸も市販されています。

ただ、皮膚が弱い人にとっては、皮膚表面を溶かすことになるピーリングは逆効果にもなりますので、注意が必要です!

悩んでいるなら皮膚科や美容外科クリニックに相談する

広範囲の炎症や、膿が溜まっている黄色ニキビの場合などには、自分での対処だけでは長期化したり悪化したりすることも……。

そんなときには躊躇せずに皮膚科を受診しましょう!
自費治療を視野に入れれば、ニキビ専門の美容皮膚科、美容外科クリニックも選択肢に入ってきます。

専門医に相談することで、自分の日常ケアの盲点に気付くことができるかもしれません。
1人で悩まず、ただのニキビだから、と思わず早めの対処で美肌に近づきましょう!

◆美容皮膚科タカミクリニック(東京・表参道)
最先端の医療やオリジナル薬でニキビを最短で治すことをモットーとして、1999年に開院したニキビ治療のパイオニア的クリニックです。

◆メディアージュ皮膚科クリニック(東京・恵比寿、福岡・博多駅前)
重症ニキビ治療を専門としたクリニック。症例も豊富にあり、ニキビの根本治療に取り組んでいます。

突発的にできるニキビには丁寧な保湿を、繰り返すニキビには生活習慣の改善を!
跡が気になるニキビには、やはり専門家の力を借りてみてはいかがでしょうか?
不調の原因は自分では分かりにくかったり、対処がなかなかできなかったりするものです。
自分なりの正解への方程式が見つかるといいですね♡

[aftag]5[/aftag]

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。