不眠症を1分で解消!「4−7−8呼吸法」って?

BEAUTY

春は新生活で環境が変わったり、不安なことがあって眠れなかったり……なにかと睡眠に悩まされる季節ですよね。
今回は、1分で寝つくことができると噂の「4−7−8呼吸法」を徹底解説します♪

大川由梨
大川由梨
2016.04.01

1分で眠れる「4−7−8呼吸法」が話題♪

元ハーバード大学の研究員であり、世界的に有名なアンドルー・ワイル博士が生みだしたのが「4-7-8呼吸法」。

なんと1分で眠りにつくことができると言われており、世界中の人々が実践しています♪

アンドルー・ワイル博士は医学博士ですが、元々学生時代に専攻していたのは、植物学!
人間の自然治癒力を引き出すヘルスケアのスペシャリストなんです♡

さっそくやってみよう!「4−7−8」呼吸法のやり方♪

「4−7−8呼吸法」のやり方はとっても簡単♪

① 最初に、口から息を吐ききります。舌先を上の歯の内側に置き、呼気に少し抵抗を与えるようにするのがポイントです☆
② 口を閉じ、鼻で息を吸いながら4秒数えます。
③ 次に息を止め、7秒数えます。
④ 最後に8秒数えながら、口から息を吐ききります。
⑤ ②〜③を3回繰り返します。

慣れてきたら回数を繰り返してもOKです♪
心配事やストレスによって眠れない方は、特に効果あり!リラックスしながらやりましょう。

なぜ「4−7−8呼吸法」は効果的なの?♡

人間は興奮している時、呼吸が浅くなります。
また興奮していなくて、呼吸が普段から浅い方は、眠りにつくのが苦手な方も……。
「深呼吸が大切」と言われる理由もここにあります♪

「4−7−8呼吸法」により余分な酸素を取り込むと、副交感神経系が静まり、リラックスできる効果があります。
ストレスが溜まっている時は、この神経たちのバランスが崩れがち!
4−7−8呼吸法で取り込んだ酸素は、血液を正常にめぐるように働いてくれ、心拍数も穏やかになります。

そのため眠りにつきやすくなるんです♡

安倍総理も実践!「4-7-8呼吸法」はストレスにも効果的♪

神経や心を穏やかにしてくれる「4−7−8呼吸法」は、眠る前だけでなく、ストレスが溜まっている時にも効果的!
イライラしている時や興奮状態にある時は、試してみましょう。
深呼吸よりも簡単にできるはずです。

なんと日本だと安倍晋三(あべしんぞう)総理が国会にて実践しています。
「私は今、4−7−8呼吸法をやると落ち着けるんですね。この呼吸法で、国会での野党からの追及にも耐えています。もっと前から知っていれば良かった。」と話しています♡

また疲れている時に実践すれば、長く息を吐くことでリラックス効果が高まり、集中力が上がります!

「4−7−8呼吸法」と併せて瞑想もやってみよう♪

「4−7−8呼吸法」と併せて習慣にしたいのが、瞑想!

瞑想にもリラックスする効果や安眠作用、更にはダイエット効果まであります。
瞑想は多くの著名人も取り入れており、毎日習慣にしている方も!

また、人間は睡眠時間が短い人ほど太りやすいという研究結果があります。
頭をスッキリ働かせたり、体のためにも、睡眠はとっても大切なんです♡

瞑想のやり方はこちら♪

質の高い睡眠は美容・ダイエットにも効果あり♡
忙しい人ほどこそ取り入れている「4−7−8呼吸法」。
今日からさっそく実践してみましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。