非常識なほうがうまくいくんです。仕事がデキる男に結婚を決めさせるテクニック♡

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第80弾】

今回は、仕事がデキる男の心理を刺激しながら結婚を決めさせるテクニックについて書きます。このテクニックを使える対象は、仕事がデキる男性限定です。デキる彼との付き合いがうまくいっていない方はこの方法を使うと一気にうまくいくようになるはずです。ぜひ試してみてください!

同時進行で何人も彼氏を作っていることを公表する

デキる男と恋愛している女性が知っておいたほうがいいのは、デキる男との関係は普通の恋愛や男女関係とはルールが異なるということです。一般的な男性に「私にはあなたしかいないの!」という愛の告白をしたのなら、喜ぶと思います。ですが、デキる男に同じことを言うと「あ、そうなんだ」ってぐらいの素っ気ない反応になります。

なぜだと思いますか?理由は、女性からの愛の告白は言われ慣れているからです。「あなたしかいないの!」なんて言ってしまったらデキる男はすぐに退屈して傲慢な態度をとりはじめます。それではいけません!

有効な対策としては「あなた以外にも彼氏が何人かいる」と公表しながら彼と付き合うことです。「あなたはモテるから特に私じゃなくてもいいんじゃない?素敵なお嫁さんみつけてね!」と突き放した態度をとります。

するとデキる男は「ちょっと待てよ・・・」ってなるんですね。気になっちゃってしょうがない!!

気になっているんだけどプライドがあるから気になっていることを表に出せなくて聞けない状態に彼を追い込みます。すると彼のなかで、その女性の重要度も優先度もずっと高いままキープされます。彼が傲慢になることが少なくなっていくでしょう。

「この人だ!」と決めたとしても新しい男性に出会い続ける

女性がミスりがちなのは「この人だ!」と決めたらその彼のことしか見えなくなって猪突猛進に愛に突き進み「重い」と彼に思われてしまうことです。それだと男女関係はうまくはいきません。

目の前の彼を夢中にさせたかったら他の男性にもモテておくことは基本です。彼氏がいても男の匂いをプンプンさせておくんです。なぜこれが大事かというと、デキる男は「征服欲」が強いんです。一度征服した女性は未来永劫、俺のものだと勘違いしやすいのです。一度勘違いさせてしまうと彼はその女性に対するケアを怠るようになります。

ですから、彼が手抜きをはじめたなと少しでも感じたら、女性側はどんでん返しをしなければいけません。何度も何度も彼にとって難しい状況を用意するのです。「新しい出会いが欲しくなったから!」と言って急にオシャレして出掛けていったり、彼以外のコミュニティーのなかでキラキラ輝いている自分の居場所をいくつも作るのです。すると、いい意味で危機感と緊張感を彼に与え続けることができます。

もしもアナタが目の前の彼を夢中にさせたかったら、彼以外の男性と社会に目を向けてみてください。彼を見てはいけません。

男の覚悟を決めさせる結婚の交渉

女性が結婚や出産などを真剣に考えている時期にいるとしたら、男の覚悟を決めさせるコミュニケーションを女性側が取れたほうがいいんです!仕事がデキる男性にやってはいけないコミュニケーションのタブーは、彼を責めるような口調で「ねえ、いつ私と結婚するの?」と言うような言い方です。男性を責めても女性にはいい事がありません。

もしも本当にそろそろ結婚したいなと女性が考えているのなら、彼に結婚の時期を発表するといいと思います。

「私は、○年の○月までに結婚しようと思っている」

「今のところ、私のなかで、結婚相手はあなたがいいと思っているけど、あなたにはあなたの事情とタイミングがあるから強要はできない」

「私と結婚したがっている男性達も他にいるから、候補者とも話し合いを進めている最中」

「まあ、誰と結婚するかなんて縁でしかないからね(^^)」

これらの内容を彼に伝えておきます。あと、本当に彼以外の候補者とも結婚についての話を進めておきます。フリではなくガチでやることが彼をビビらせるのに有効です。

デキる男特有なのですが「大丈夫。あなたじゃなくても、他に替わりなんていくらでもいるから♪」という態度をとるとムキになるんです。きっと生存競争に勝ちたい男の本能を刺激するんだと思います。

デキる男の大好物は「売れてる女」

ここまでの文章を読んで嫌な気持ちを感じた方もいるかもしれませんが、でもこれがデキる男と関係を築く際の真実なのです。このテクニックを女性が使うと、今までとはまるで別次元の求愛を男性からされるようになります。

なぜならデキる男の大好物は「一途な女」ではなく「売れてる女」だからです。さらに言うと、男が認めるぐらい器が大きないい男に売れてる女はブランド価値がつくので、もっと高く売れるようになります。一度その感覚を掴むと、生涯余裕というか、何かしらの形でモテ続けるだろうと思います。

ちなみに、次々といい男にプロポーズされる女性は男性たちをうまく競争させています。売れてる女には男性が群がります。その渦を作り出すことをやらないので、女性は恋愛が一方通行になり、重いと言われてしまい、うまくいかないのです。

仕事がデキる彼に結婚を決めさせたいのなら、意識を集中させる場所を間違えてはいけません。見つめる先は愛する彼ではありません。社会に目を向けてください。その他の大勢いる、男性や新しい出会いを求めてください。「征服したいのになかなか出来ない女」だと思わせ続けるのです。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!