円滑な人間関係を築くために大事!相手の立場に立って考える秘訣5つ

コミュニケーションのコツのひとつは「相手の立場に立って考えること」。
言葉の意味はわかっても、実践するのはなかなか難しいことですよね……。
そこで今回は、相手の立場に立って考える秘訣をご紹介します!

相手の立場に立って考える秘訣① 人の話を最後まで聞くこと

相手の立場に立って考える1つ目の秘訣は「人の話を最後まで聞くこと」。

「なにを考えているのか、伝えようとしているのか」を知るための大きなヒントは、その人の発する言葉の中にありますね。

まずは聞く力を鍛えるところから始めてみてください!

相手の立場に立って考える秘訣② すぐに話をまとめようとしないこと

相手の立場に立って考える2つ目の秘訣は「すぐに話をまとめようとしないこと」。

仮に、友達に深刻な悩みを相談したとします。
このとき、友達に「う〜ん、仕方ないよ〜」なんて、下手なまとめ方をされたら大きく傷つきますよね?
話をまとめることにとらわれると、相手の感情を置いていってしまいがちなのです。

ビジネスの場面なら話は別ですが……話をまとめることなんてどうでもいいですよ!
話をまとめるのをやめると、相手の感情に気づけるようになるのでは?

相手の立場に立って考える秘訣③ 自分に置き換えて考えすぎないこと

相手の立場に立って考える3つ目の秘訣は「自分に置き換えて考えすぎないこと」。

人と話しているとき、「自分だったらどうだろうな」と、自分に置き換えて考えることがありますよね?
この方法を使えば、相手の考えや思いに気がつけることもありますが、相手は自分とは違う人間。
考え方・物事の捉え方・感受性……すべて違うので、目の前にいる人の性格の特徴を知る努力も必要なのです。

自分に置き換えて考えるだけでは限界があることを、頭の片隅に置いておいてくださいね。

相手の立場に立って考える秘訣④ さまざまな視点から相手を見ること

相手の立場に立って考える4つ目の秘訣は「さまざまな視点から相手を見ること」。

目の前にいる人の性格の特徴を探していると、「自己勝手な行動ばかりする人だな」なんて、マイナス要素が見つかることもあるでしょう。

マイナス要素に気づいたら、煙たがる前に少し視点を変えて相手を見たほうがいいですよ。

仮に、飲み会に大きな声で自分の話ばかりする男性がいるとします。
自己中な性格なのかもしれませんが、視点を変えてみると、その場を盛り上げようとしているようにも見えませんか?
あなたから積極的に話題を振って、男性がすぐに聞き側に回ったなら、最初の印象は間違いですね!

さまざまな視点から相手を見ることは、人間関係のトラブルの大きな原因・勘違い回避にもつながりますよ♪

相手の立場に立って考える秘訣⑤ 想像力を鍛えること

相手の立場に立って考える5つ目の秘訣は「想像力を鍛えること」。

今まで挙げた秘訣にも言えることですが、相手の立場に立って考えるためには想像力も必要になってきます。

ビジネスの場面なら、「相手の仕事がどうしたらスムーズに進むか」を想像すれば、メールを送るベストなタイミングや言葉の選び方が見つかりそうです。

想像力を鍛えたいなら、やはり読書が1番だと思います。
読書が苦手なら、本好きな友達に相談して読みやすい作家さんを探してみてください。
相性のいい作家さんに出会えれば、読書が止まらなくなるかも♪
相手の立場に立って考える秘訣をご紹介しました。
相手の立場に立って考える力を身につけるのは、時間がかかると思います。
根気強く続けて、考えることを習慣化しましょう!

【関連記事】気づいたら1人ぼっち……?人間関係を頻繁にリセットするとどうなる?

「人間関係を全部リセットしたい……」なんて思ったことはありませんか?リセットすることで環...

相手の立場に立つ 考える 秘訣 人間関係 コミュニケーション

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる