お金より愛がほしい!灼熱のラスベガス【実録!セレブ旅行紀 vol.3】〜前編〜

LIFESTYLE

みなさん、ごきげんよう。美依子(みいこ)です。

前回のセレブ旅はチェックしてくれたかしら?
簡単に説明すると……

タクミさん(36歳)と北海道で同じ部屋に泊まったのに、関係は何も発展しないまま。どうなることやら……?

ってことで今回は北海道から2ヶ月後のラスベガス旅行について綴っていくわね。
お付き合いくださるかしら?

↓まだ読んでいない方はこちらをチェックしてね。
◆初デートは韓国!PRADAのバッグをお土産に/【実録!セレブ旅行紀 vol.1】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/392165

◆行くぜ、北海道!深夜調達のモンクレールを味方に/【実録!セレブ旅行紀 vol.2】〜前編〜
https://4meee.com/articles/view/770592

一夜で自信を取りもどす方法

ーAM 3:00

ラトゥール新宿(※)を出て、タクシーを拾う。
先日の3泊4日北海道旅行ですっかり女としての自信を失った私は、恋愛難易度が高そうなハイスペック男性と食事へ。至るところで自分の魅力を最大限に出し、パークハイアット 東京のバーで上機嫌になった私はそのまま男性の部屋へ……無事"女"としての自信を取り戻したところ。

好きでもない男性とは朝を共に迎えたくない。だから、男性が寝静まった朝3時頃に部屋をそーっと出ることにしているの。

やっぱりちょっと派手好きな男が住むラトゥールシリーズは苦手。低層のラトゥール代官山なら住みたいと思ったけどね。

きっと彼とはもう二度と会わない。ピロートークで、三回も一緒に寝れば「俺の女」気取りするような器の小さい男だということが分かったから。それに初めて一夜を共にするのに、いきなり自分のお家に連れて行く危機管理能力の低さに呆れちゃったの。せっかくパークハイアットのバーにいたんだからそのままチェックインにすればよかったのに。

【セレブ用語集】
※ラトゥールシリーズ……東京の都心主要エリアにある住友不動産が展開する高級賃貸マンション

女はデートでギャンブルをする

女としての自信を取り戻してすぐの金曜日、上司からの無茶ぶり仕事にヒーヒー言っているとタクミさんから連絡がきた。

ーみーこちゃん!今夜、会えないかな?

基本、男性の当日のお誘いには乗らない。私は万全の状態で人と会いたい派。だってもし、その日その人と会うのが最後になってしまったら……いつか彼が私を思い浮かべるとき"イケていない私"でしょ?そんなのはイヤ。

ーはい!会えます。

男はパチンコやカジノでギャンブルをするけれど、女はデートでギャンブルをするの。もし彼が痩せたのに気付いてくれたら…とか、もし彼が食事代を奢ってくれなかったら…とか。

もし今日、タクミさんが私を抱かなかったら忘れてしまおう。傷を癒すなら浅いうちの方がいいから。私はシャンプーブローをするため美容室を予約し、職場近くのマルイで勝負下着と勝負服を買って着替えて向かった。

勝負の日はいきなりやってくる

私とタクミさんは、もはや定番となった中華を『筑紫樓 恵比寿店』でいただく。

「明日、土曜日だけどお休みかな?実は、みーこちゃん最近疲れてるかなと思って、マンダリン(※)を予約しておいたんだ。俺、朝8時には部屋でちゃうんだけど、午前中にスパ3時間抑えといたから好きなメニューをやってもらうといいよ!」

タクミさんはどこまでもスマート。どっかの酔った男共のように「このあとホテルいくっしょ?」という雑な誘いはしない。

私とタクミさんはようやく結ばれ、このギャンブルに賭けた美容代と衣服代は報われた。ちなみに、韓国のトモヤさんの件があったからドキドキしたけれど、彼はノーマルでほっとしたわ。

ーーーー
相変わらずタクミさんは忙しいから、私たちは月に1,2回ごはんデートをするっていう感じ。付き合っているか付き合っていないか……は彼に言葉にされていないし、私も怖くて聞いていないけれど、端からみたらきっと恋人同士に見えているはず♡

【セレブ用語集】
※マンダリン オリエンタル 東京……日本橋にあるラグジュアリーホテル

またまたカジノ旅……ラスベガスへ!

5月、社会人二度目のGWはラスベガスで過ごすことに。

「みーこ、トモヤさんがどんな女連れて行くのか、報告よろしくね!」

今回もカジノ旅でトモヤさんが一緒なんだけど、ユミは親戚のお葬式で実家に帰らねばならず急遽不参加。

タクミさんは出張先の香港から1日遅れて到着するし、トモヤさんは1日前乗りしているので、フライトは1人。日本からラスベガスまではロサンゼルスで乗り換えてトータル約13時間。なんだかすごく孤独な旅の始まり。

ラスベガスに着くとトモヤさんが迎えにきてくれていた。

「みーこさん、はじめまして!私、アキっていいます。よろしくね♡」

トモヤさんの隣の、エミリオ プッチのワンピースを着ている女はアキさんというらしい。パッと見た感じほうれい線が目立つから32歳くらい。まさか、この女によって私のタクミさんへの気持ちが冷めてしまうとはね……。

photo by littleny / Shuttersotck.com

ラスベガスセレブ旅行、みーこ、タクミさんを嫌いになる……!?
後編は旅色プラスで!

灼熱のラスベガス【実録!セレブ旅行紀】後編