大人っぽいのに可愛らしい!ズルいメイク方法こっそり教えます♡

BEAUTY

大人っぽくなりたいけどやっぱり可愛さも捨てられない!というあなたにぴったりなメイク方法があるんです。
色気と可愛いを兼ね備えた、夢のような顔になれちゃう方法を紹介していきます♪

大人可愛いメイクのポイント①仕込みチーク

化粧下地、リキッドファンデーションを塗った後にポイントになるのは仕込みチーク。

薄付きの練チークを仕込ませておくことで、パウダーチークを塗ったときの厚塗り間が出ずに自然な仕上がりに。

そのあとのフェイスパウダーは顔全体にのせてしまうとせっかくのツヤ肌を消してしまうので、よれやすい部分のみにのせるようにしましょう。

最後にのせるパウダーチークは青みピンクのものを、黒目の下から目尻の真下に小さくひとはけするだけで、小顔効果も期待できちゃいますよ♪

大人可愛いメイクのポイント②眉毛は眉マスカラのみ

眉をしっかりとアイブロウで描いてしまうといかにも作られた眉毛になってしまい、不自然な印象に。

なのでアイブロウマスカラだけでささっと仕上げるようにしましょう。

眉頭は抜かしてアイブロウマスカラを塗っていきます。
そのとき逆毛を立てるようにぬることでムラをつくらずに色づけられますよ♪

アイブロウマスカラだけで仕上げるためには、日ごろから眉毛を自然に生やしておくことが大切になります。
どうしても眉毛が足りない!というひとはポイントだけアイブロウで描き足すなどの対策をとりましょう!

大人可愛いメイクのポイント③下まぶたに赤っぽいシャドウを

目の下に赤みのあるシャドウをプラスすることで、泣いた後のような目元を演出。
このメイクは顔のパーツバランスを引き下げてくれるので、色気と可愛さを両立してくれちゃいます。

下まぶたの目尻側からレッドのシャドウを塗り始め、目頭2mm以外にのせていきます。
その上からゴールドを載せることで赤すぎない絶妙な色味に変身してくれて、ゴールドのラメがうるうる感も演出してくれますよ♪

大人可愛いメイクのポイント④唇はツヤ感を重視

大人可愛いに必要不可欠なのがツヤ感なんです!
マットな質感は大人っぽさを増してしまって、可愛さが半減してしまうので注意。

目元の赤シャドウを強調させるために、唇は引き算をしてベージュ系のグロスをチョイスすることで、全体のバランスをとることができます。

唇全体に光を集めてぽってり唇を演出することで、大人可愛いメイクに仕上がっちゃいますよ。

いかがでしたか?ベースメイクは厚みのない素肌感。
メイクアップは引き算をして全体のバランスを考えたメイクがポイント。
ポイントをおさえれば、大人可愛いメイクが簡単に作れちゃうので是非試してみてくださいね♪