成功に必要不可欠!「孤独力」を身につける方法って?

LIFESTYLE

一人でいると寂しくて友達に電話をかける、休みの日はだれかと会いたいという人は、孤独に弱いのでしょう。
そんな人は「孤独力」を手に入れると、人生が大きく変わるかもしれません。

“孤独力”の鍛え方① 本音を探す

まずは、本音を探してください。本心を忘れてしまうと孤独力を手に入れるのは難しくなります。

他人の目は気にせず、自分の好きなもの、やりたいことを見つけ、自分自身と向き合ってください。

また、本音を見つけそれを伝えることを当たり前にすると、本当の友情が見つかります。
本心を取り戻すと、理想のライフスタイルも手に入るんです。

“孤独力”の鍛え方② 行動を自分で決める

本音を見つけるために手放しましょう。
他人の目に執着しない、飲み会なども思い切って一度断ってみてください。

おそらく孤独に弱い人は、一人で過ごす時間が少なすぎます。その時間を確保しないと、本心を取り戻せないです。

一人で過ごす時間を確保したら、本屋さんに寄ったり、ひとりで気になっていたカフェに行ってみてください。
行動を自分で決めるクセをつけると孤独力が鍛えられます。

“孤独力”の鍛え方③ ハマるまで続ける

おひとりさまが苦手という人もいると思いますが、行動を自分で決めることに慣れていないときは、ストレスがかかるので苦手意識が生まれて当然です。

ところが、これを続けていくと、知らず知らずのうちに苦手意識がなくなります。

ハマれば寂しいと感じることはありません。そこで新たな出会いもあるので、むしろ笑顔が増えますよ。

“孤独力”の鍛え方④ 孤独を完全に埋めようとしない

孤独に弱い人は、衝動買いをしたり、他人に依存する傾向にありますが、残念ながら、孤独を完全に埋めることはできません。

つまり、孤独は一生付き合っていかなくてはいけないパートナーなんです。パートナーと上手く付き合っていきたいですよね?

これに気がつくと、孤独と向き合うことに対して、恐怖心を抱くことが減るのではないでしょうか。

“孤独力”の鍛え方⑤ 一人でいることを誇りに思う

孤独に弱い人は、無意識のうちに孤独が恥ずかしいと思っているのでしょう。これも他人の評価基準に合わせたものですよね。

今までご紹介した方法を実践すると、恥ずかしさより誇りが勝ってきます。
誇りを持つと自信も生まれるので、変なプライドもなくなります。

また、孤独の時間を楽しめるようになると、不思議なもので、他人と過ごす時間も以前より楽しめるようになります。
バランス力も鍛えられるんです。

孤独力がゼロに近い人は、受け売りが多いので話がおもしろくありません。
一方で、孤独に強い人は、自分の言葉を使うので話がおもしろいです。
孤独力を鍛えるとトーク力も向上しますよ!