半年後に結果を出すために!今やるべきこととは?

LIFESTYLE

「努力」をしてから「結果」に結びつくまでは、半年間かかると言われています。
この期間は、切っても切り離せない関係なのです。
“努力しているのに結果が出せない自分が嫌い!”と、自暴自棄になった時に思い出せば励みになるであろう、努力・結果・半年間の関係を探っていきます。

『今の自分は、半年前の努力でできている』

『今の自分は半年前の努力でできている』

これは、私が知人に貰った言葉です。
言葉の通り、今の自分は、半年前の結果なんです。

半年前を思い出してみてください。どのように過ごしていましたか?

【半年前】
慣れない作業に全力で取り組んでいたという人は、ミスも多く、努力しているのにどうして報われないんだろうと、悩んでいたかもしれませんね。

【半年経った今】
当時は慣れなかった作業を、当たり前のように、こなしていると思います。

もうお分かりだと思いますが、努力はすぐに結果となって表れないんです。

すぐに結果を求め、結果が出ないからと投げやりになってしまうと、いつまでも結果には巡り会えません。

半年間、結果を焦らず、黙々と努力をするだけの期間が必要なのです。

今の自分が、半年前の努力の結果ならば、『今の努力は半年後に結果が出る』ということです。

今、何もしていないのなら、当然半年後に“結果”というお楽しみはありません。

そう言われると、半年後のお楽しみ作りに、何かにチャレンジしたくなってきませんか?

『半年後に結果を出す』ためには、心がけたいことがいくつかあります。

✔︎一度受け入れる

失敗や挫折、今の現状を、一度受け入れることが大切です。

受け入れずにすぐ行動に移すと、【自暴自棄→投げ出す】と、同じことのくり返しになります。

今の自分は半年前の結果だと気付いたのなら、もう受け入れることはできましたね?

✔︎「自分で目標を決める」▶︎「計画」より「行動」▶︎「やる」と断言する

他人ではなく、自分で決めた目標を達成すると、“満足感”が増します。

満足感は、次のステップへの“ガソリン”になるので、多いに越したことはありません。

自分で決めた目標を、計画だけで終わらせず、きちんと行動に移せば、半年後には、会ったことのない自分に出会えます☆

✔︎奴隷にならない

一つ気をつけたいのが、多忙な時は、奴隷かのような行動になってしまうこと。

奴隷根性と言いましょうか……多忙だと効率化を図ることができず、少ない睡眠時間で働いたり、休日も返上して働いたりしてしまうこともあるのです。

このようなことを続けていると、徐々に仕事が嫌になります。また、仕事を嫌々こなすということは、「お金の奴隷」にもなってしまいます。
そうすると、結果的に悪循環に陥るのです。

忙しい中でも、効率良く「時間」・「労力」を使う知恵を身につけることも、結果に繋げるための心がけとして、頭の片隅に置いておきましょう。

このことを心がければ、半年後に成長だけでなく、努力が結果となって表れるはずです。

半年後に結果を出すためには、「今」から努力を始める必要があります。
自暴自棄になりそうな時は、“半年後のお楽しみ”にワクワクしながら、乗り切りましょう☆