パンパンバッグは女度DOWN!バッグの荷物を減らすテクとは♡

LIFESTYLE

出かけるときに心配だから持って行ったほうがいいかも、なんて思ってかばんの荷物が増えていくことはありませんか?
必要ない荷物を増やしてしまっては、小さくて可愛いバッグに収まりきらないですよね。
そんな悩みを解消するとっておきのテクニックを参考にしてみてください♪

パンパンバッグはダメ!そんなに荷物を詰め込んだら《豚かばん》!

あなたは、バッグになんでもかんでも入れてしまってはいませんか?
「必要かもしれないから入れておこう」というものは、必要ないもののほうが多いんです。

いらないものばかり入れていては無駄に肩が凝ってしまうし、なによりその荷物を入れるために大きなバッグにしなければいけなくなります。
いつも荷物が多いと、バッグを買うときにも大きいバッグしか買わなくなってしまうのです。

そんな「豚かばん(パンパンのバッグ)」では、どんな格好をしてもアンバランスになってしまうので、荷物を減らして可愛い小さなバッグで出かけられるのが理想ですよね。
そこで、荷物を最小限に減らせるテクニックを伝授します♡

パンパンバッグはダメ!荷物の減らし方①実は必ず使うのは2つか3つ!

バッグの荷物を減らすときに考えてみて欲しいのは、「いつも手に持っているのもは何か」です。

家にいるときや、バッグを持たないで少し外に出るときに手に持っているものは何ですか?たいていの人がスマートフォンや財布と答えるはずです。

実は、このときに持っているものが、出かけるときの必要最低限の荷物なんです!
外での自分の行動を振り返ってみると、この必要最低限の物意外に使っている物はほとんどないんですよ♪

パンパンバッグはダメ!荷物の減らし方②小物のひとつひとつも減らしておくべし

必要最低限の物以外にも、メイクポーチなど持っておきたいものはありますよね。
そのときは、小物自体の量も減らすようにすると、全体のバッグの荷物が減量できます。

メイクポーチなら、ルージュやグロス・ファンデーションだけにする。
スマートフォンの充電器をバッグに合わせて細長いものや平べったいものにすればかなり荷物を減らすことができます。

持っていく必要があるかどうか考えた後、さらにその物を減量できるかどうか考えてみることが荷物を減らすコツなんです☆

パンパンバッグはダメ!荷物の減らし方③荷物をひとつにまとめることばかり考えては×

荷物を減らしたところで、どうしても持っていかなければいけない物が増えてしまうときって、ありますよね。
このとき、ひとつのバッグにまとめて入れようとすると、また豚かばんになってしまいます…。

ひとつにまとめて入れるよりは、小さいバッグとブランドのショップ袋やサブバッグで2つに分けると見た目が良くなりますよ。
日傘やペットボトルなどのかさばる物をサブバッグに入れておけば、小さいバッグもすっきりです♡

どうしてもバッグの荷物が増えてしまって重くなる、どう荷物を減らせばいいのかわからない人はこのテクニックを実践してみてください。
そのうち、外で使う絶対に必要な荷物と、使うかわからない必要ないものとの区別がつくようになりますよ♪