自己紹介で人に興味を持ってもらう極意

LIFESTYLE

そろそろ新学期ということで、自己紹介をする機会も多くなってくると思います。
そこで今回は、自己紹介で「もっと知りたい」と思ってもらえるようなパターンを紹介します♡

自己紹介で興味を持ってもらうには① 珍しいキャリアをアピール

自己紹介で結構な確率で話す機会が多いのが、「学部」や「バイト」ですよね!
そこで、専門的な学部や変わっているバイトをしている子には、誰もが興味を持つのです♪

見た目は周りと同じような女の子なのに、珍しいキャリアがあるような子は誰でも気になってしまい、「もっと知りたい」と思うのです。

自分自身の話を大きく言いすぎてしまうと、自慢へと急変してしまうので、言い方には気を付けてくださいね♡

自己紹介で興味を持ってもらうには② 特徴的な生い立ちをアピール

女子校・男子校育ちであったり、海外育ち、などと生い立ちに特徴がある子もいますよね!

そのように、周りと比べてちょっと珍しい育ちをしている子は、頭の印象にも残りやすく、「もっと知りたい」と思うのです。

それだけではなく特徴的な学校や海外育ちである人にとって、同じような環境を過ごしてきたということに共感を持てて、とても興味を持つようです♡

自己紹介で興味を持ってもらうには③ らしくない趣味をアピール

外見は女の子らしいのに男っぽい趣味にはまっていたり、見た目がワイルドな男子が女性的な趣味を持っていたらアピールした方がいいです!

大半の人間が、ギャップを魅力的に感じるが多いようです。

「これ言ったら嫌われてしまうかな」なんて思うのではなく、ぜひ自己紹介では積極的にアピールしてみて♪

また、野球やサッカーなどのスポーツは共感を持ちやすい趣味。「もっと知りたい」なんて感じる異性も多いのです。

しかし、少ししか知らないのにモテるために趣味にしてしまうとすぐに見破られてしまうものなので、心から趣味になっているものを言うようにしてくださいね♡

自己紹介で興味を持ってもらうには③ 飛び抜けている才能をアピール

ほかの子にはできないような、マイナースポーツや芸を持っている子に興味を抱くひとが多いのです!

長く続けている習い事などと、1つ誇りになるようなものを持っていることで、初対面のひとから尊敬の意味で「もっと知りたい」と思ってもらえるのです♪

また、「ただできる!」というだけではなく、人よりも飛び抜けてできるような才能を隠し持っているひとを魅力的に感じるひとが多いのです♡

いかがでしたか?
自己紹介が増えてくる季節に向けて、ほかの人とは異なるようなアピールが必要になってきます!
ぜひチェックしてみてくださいね♡