いい靴を履いていい人生を♡アラサーになったら買うべき靴4選♡

FASHION

数あるファッションアイテムの中でも、靴ほど価格とクオリティが比例するアイテムはありません。
良い靴をはくだけで、女性らしさがアップするだけではなく、良い人生を歩めるといっても過言ではないかも!?
アラサー女性がチェックすべき靴ブランドを紹介します♡

アラサーになったら買いたい!靴ブランド♡Manolo Blahnik♡

出典:www.nobleheels.com

靴ブランド「Manolo Blahnik(マノロブラニク)」といえば、大人気海外ドラマ『Sex and THE Ctiy』の主人公キャリーがこよなく愛していた靴としても、アラサー女性の間では認知度が高いですよね。

マノロブラニクの人気の秘密は、ラグジュアリーなデザインだけではないのです。
特徴を簡単にご紹介します♡

♡優美なシルエットを作り出す華奢なヒールが特徴♡
靴なのに数万円~高いのは10万円近くするのが「Manolo Blahnik(マノロブラニク)」。しかし、一度履いたらその美しさに心を奪われ、何足もコレクションしたくなるのです。

♡セクシーでカラフル、エレガントさを待ち合わせたデザインが特徴♡
目打ち錐(きり)のようにとがった靴の先や、常に細く高いスティレットヒール、さらにリボン、ビーズなどを組み合わせた、洗練されたデザインが目を引きます♪

アラサーになったら買いたい!靴ブランド♡Sergio Rossi

出典:stylewile.com

「Sergio Rossi(セルジオ・ロッシ)」のデザイナー、セルジオ・ロッシは1966年に自身のブランドを立ち上げると、特にフォルムの美しさを追求した靴作りをしました。
「靴は身体の一部」であり「美しい脚を完成させるための重要な要素」という考えのもと、大胆なラインでありながら、女性の足にぴたりと寄り添う官能的な靴を生み出してきました!

♡脚線美をかなえるまっすぐで細いハイヒール♡
安定感があるのに華奢なヒールが特徴。低めのモデルもあるものの、平均は9cm!
後姿がセクシーに見えるようにデザインされているので、お呼ばれのときに活躍してくれそう!

♡グラマラスを体現する大胆なデザイン♡
セルジオ・ロッシのキーワードは“官能”!
シンプルなデザインだからこそ、細部に宿るディティールが生きています。

アラサーになったら買いたい!靴ブランド♡Salvatore Ferragamo

出典:item.rakuten.co.jp

「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)」は、解剖学を極めた、体に負担をかけない靴。デザインは上品なものが多く、長年愛用できるのも嬉しいポイント♪
アラサーになったら。おしゃれなお仕事靴としても良いかも♡

♡足に優しい靴は、足裏に付いてくる靴♡
サルヴァトーレ・フェラガモは、顧客の足に触れただけでその人物の体調すらわかったとも言われています!
フェラガモでは、あらゆるお客さんの要望に応える靴が用意されていますが、一番大切なのは、「自分の足に適切なサイズとフィットを選ぶこと」なんだそう。

たとえば、インソールの土踏まず部分に“シャンク”と呼ばれる金属プレートが挿入されていますが、これは、土踏まずを適切に支えることで、踵と甲の関節にかかる体重を分散し、安定感をもたらすためなんだそう。

♡セミオーダーもできる♡
ブランドのアイコンシューズ「Vara(ヴァラ)」と「Varina(ヴァリナ)」をオーダーメイドでカスタマイズできるサービス「メイド・トゥ・オーダー」もはじまりました!
名品の靴を自分好みにカスタマイズすることが可能になりました♪

アラサーになったら買いたい!靴ブランド♡JIMMY CHOO

出典:www.redcarpet-fashionawards.com

王室御用達として知られていた靴職人、ジミー・チュウと元UK版VOGUEのアクセサリー・エディターのタマラ・メロンによって生み出されたブランド。

気品のある美しさとグラマラスなフォルム、そして履き心地抜群の機能性を併せ持った靴は、時代を超えて世界中の女性から愛用されています。

♡安定感を約束するヒールの位置♡
安定感の高いピンヒールの秘密は、ヒールの位置。
踵のなかで一番体重がかかる真ん中部分にヒールを配置し、重心を取りやすくしているため、足運びが美しくなります。
これにより、体が左右にブレることのない、スマートな歩き方を可能にしてくれるんです♪

♡計算しつくされたラインは美しいの一言
JIMMY CHOO最大の特徴は、シンプルでクラシカルなラインの美しさ!
JIMMY CHOOでしか実現できない、美しい曲線はたまりません♪
甲の部分もカッティングも、甲を美しく見せるために計算しつくされているようで、ファッションアイテムではなく、もやは芸術品の域。素敵すぎます!

アラサーになったらぜひとも持ちたい、靴ブランドをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
一口に「靴」といってもブランド背景や職人の想いは千差万別。
自分にはどの靴があうのか、考えながら選ぶのも楽しみの一つになりそうですね。