その言動、イライラさせてるかも。カンに障る女の特徴&付き合い方

LIFESTYLE

気に入らない、腹立たしく思うことをカンに障る(カンにさわる)といいますが、どんな言動をとると相手に不快感を与えてしまうのでしょうか?
今回はカンに障る女の特徴と付き合い方をご紹介していきます!

「カンに障る女」の特徴:メジャーなものをバカにする

多くの人のカンに障るのが、「メジャーなものに興味ないんだよね〜」という発言。
有名なものに興味がないのはいいのですが、それをわざわざ口に出す必要はないと感じてしまいますよね。

例えば、同世代の間で流行っているアイドルより、マイナーなバンドの曲を好むのは自由です。

しかし「このアイドルのどこがいいの?」と、人気のあるアイドルを小バカにするような発言をすると、調子に乗っていると思われてしまうかも。

「カンに障る女」の特徴:「わかる?」を連発する

彼氏とケンカ中に「私の言ってる意味わかる?」「どうしてケンカになったかわかってる?」と言ったことはありませんか?

「わかる?」を連発してしまうと、彼氏は上から目線でバカにされたような気分になり、“カンに障る女だな〜”と思ってしまうかもしれません。

嫌われる言葉はなるべく使わないように注意しましょう!

「カンに障る女」の特徴:真似ばかりする

「同僚が持ち物を真似する」「友達にInstagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)といったSNSの投稿を真似された」なんて経験はありませんか?

たまのことならいいですが、頻繁に真似をされると嫌な気持ちになりますよね。
真似をし続けると、カンに障る女に認定される可能性もあるので注意しましょう。

また、頭のいい友達に聞いた話やテレビの受け売りを、自分の言葉のように話す人がいますが、自分では気がつかないうちに周囲に不快感を与えていることがあります。

真似ばかりする人は、自分に自信がないのかもしれません。
他人から盗むのではなく自分で探す努力をすると、適度な自信を持つヒントが見つかりそうですね♪

「カンに障る女」の特徴:話をさえぎる

友達の話をさえぎって「あっ、今の話で思い出した!この前さ〜」と急に話題を変えてしまう人っていますよね。

友達が楽しく話をしているときに話を止める人は、相手のテンションを下げてしまうと同時にカンに障ることとなります。

他人の話をよくさえぎってしまう人は、寂しがり屋なのかもしれません。
普段あまり友達と話す機会がなく、彼氏が欲しくてたまらない女性は、気さくに話せる人に会うと嬉しくて、つい一方的に話してしまうのです。

「カンに障る女」との付き合い方:表向きの付き合いだけは頑張ろう!

カンに障る人といっても様々なタイプがいるので、どう対処すればいいか一概には言えませんが、ひとつ対処法をご紹介します!

“あの子とはできるだけ関わりたくない!”と思っている人と、無理に付き合おうとするとストレスを感じてしまいますよね。
そういう人とは、表向きの付き合いだけをこなすようにしましょう。

「そうなんだ〜」と聞き流して、会話力を鍛える時間だと思うようにすれば、少しは気がラクになるかもしれません。

また細かいことが気になり、イライラしやすい人は、生活と心にゆとりを作るようにしましょう♪
今までカンに障っていた他人の言動に対し、できるだけ無感情で向き合いたいものです。

カンに障る女の特徴と付き合い方をご紹介しました♪
うっかりやりがちな言動は、人のカンに障るようなので、あなたも気をつけてみましょう!