2月が旬のお花10選。お部屋やベランダに飾って暮らしに彩りを♪

LIFESTYLE

春がすぐ近くまで近づいてきましたが、2月はまだまだ店頭に並ぶ花の数は少ない時期……。
飾ることができる花の種類は限られていますが、切り花以外の花にも目を向けると、案外たくさんの花が見つかりますよ。
そこでこの記事では、2月が旬な花をご紹介します。

2月が旬のお花①シクラメン

シクラメン

シクラメンは冬を代表する花のひとつで、初心者でも簡単に育てることができます。
花だけでなく葉にも模様があるので、観賞価値が高いところが魅力です。

花を観賞できる時期も長く、秋から2月頃までが旬で、球根からにょきにょきと生えてくる花と、ブーケのようなボリュームのある葉のコントラストは見ごたえがありますよ。

シクラメンは大きく分けると、ガーデンシクラメンと室内鑑賞シクラメンに分類することができます。
ガーデンシクラメンは屋外で越冬でき、小さな姿をしていますよ。

反対に室内鑑賞用のシクラメンは花が大ぶりでゴージャス♡
贈答用に使われることもあるほど、豪華な花を咲かせるものもあるんですよ。
ただし、温室育ちで寒さに弱いので、春が来て温かさを感じる頃になっても、ゆっくりと屋外の気温に慣らすようにしながら表に出すのが上手に育てるポイントです。

2月が旬のお花②アネモネ

アネモネ

アネモネの花の旬は2月~5月頃にかけて♡
白・ピンク・紫・複色など、様々な色味を楽しむことができますよ。

大きな花弁に見える部分は、なんとガクが変化したものなんだとか!
インパクトのある花なので、切り花として飾っても十分な存在感を放ちますよ。
室内をぐっとおしゃれな雰囲気にしてくれるのではないでしょうか。

アネモネは春が近づくと、花屋の店頭につぼみをつけた状態で並ぶことが多いですよね。
夏~秋の間に球根を購入して植え付け、春の開花を楽しむのもいいですが、手軽に飾るならつぼみのついた状態のものを購入するのがおすすめ!

水はけと日当たりの良さを好むので、水のやりすぎに注意しつつ日当たりの良い場所で育ててみてくださいね。

2月が旬のお花③ヒヤシンス

ヒヤシンス

ヒヤシンスは香水のようなふくよかな香りを楽しむことができる花♡
小さな花が集合して咲いていて、見た目もゴージャスですよね。

そんなヒヤシンスは、秋~冬頃に球根を購入して栽培することもできますし、2月~3月頃に花芽が出てきた鉢植えを鑑賞しながら育てることもできますよ。

気温が高いと花が咲きやすくなるので、旬の時期を長く楽しみたい場合は温度管理に気を配ることがポイント!

室内の日当たりが良い場所で育てる場合は、暖かすぎないように気温の調節に気を配ってみてくださいね。

2月が旬のお花④クリスマスローズ

クリスマスローズ

続いてご紹介するのは、クリスマスローズです。
クリスマスローズという名前ですが、すべての品種がクリスマスに咲くわけではなく、2月頃に花の旬を迎えるものも多いんだとか!
咲き始めるのが早い品種だと、1月頃から開花し始めるそうですよ。

クリスマスローズは、「冬の貴婦人」ともいわれていて、うつむき加減に咲く、上品さと控えめな雰囲気を持った花♡
さらに、品種もたくさんあり、観賞価値が高い複雑な色合いを持つものもあるそうで、コレクションする人も多いようです。

クリスマスローズは大体、晩秋~年末頃に苗が出回り始めるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

2月が旬のお花⑤スノードロップ

スノードロップ

名前も可愛らしいスノードロップも、冬の花♡
花の旬は2月~3月にかけてで、清楚な白い花が、うつむき加減に咲きますよ。

他の花が休眠している寒い時期に芽吹き、花が乏しい時期から早々と咲き始めることもあり、どことなく健気な雰囲気を持っているのが特徴!

スノードロップは、日当たりと水はけを好むので、日光が良くあたる場所で育ててくださいね。
また、球根を乾燥させないように、花が終わっても球根は掘り上げずに植えっぱなしで管理するのが◎

暑さに弱いので、夏は日向から半日程度日光があたる半日陰へと移動させるのが上手に管理するポイントですよ。

2月が旬のお花⑥シャコバサボテン

シャコバサボテン

シャコバサボテンは、ギザギザ&肉厚の葉っぱがユニークな植物!
2月頃に花の旬を迎え、盛大に咲きますよ。

葉の先端にたくさんのつぼみをつけるのですが、鉢を乱暴に動かすとまだ咲かないうちにつぼみが落ちてしまうので、注意してくださいね。
また、水を与えすぎると根腐れを起こすので、表面の土がしっかり乾いてからたっぷりと水をやるのが上手に育てるコツ♡

また、花がしぼんだものはこまめに摘み取るようにしましょう。
花をつまんで、ねじるようにするとポロっと簡単に取れますよ。

気をつけることは多いけれど、それさえ注意しながら育てれば難しくはないので、ぜひ気軽に栽培してみてくださいね。

2月が旬のお花⑦プリムラ・ジュリアン

プリムラ・ジュリアン

プリムラ・ジュリアンは2月~4月にかけて旬を迎える花♡
可愛らしい見た目と、春らしい雰囲気が魅力です。

数えきれないほどたくさんの品種があることで知られていて、白・ピンク・黄色・青紫・オレンジなど、バリエーション豊かな花色を楽しむことができますよ。

そんなプリムラ・ジュリアンは、陽射しを好む植物なので、よく日が当たる場所に置いてくのがGOOD!
日当たりが悪いと、花が咲きにくくなったり、葉が黄色っぽくなって枯れてしまったりすることもあるんだとか……。

プリムラ・ジュリアンは、たくさんの花や葉が密集して咲くので、風通しが悪くならないように枯れてしまったらこまめに摘み取るようにしてみてくださいね。

2月が旬のお花⑧デージー

デージー

花が少ない2月に、可愛らしい小さな花を咲かせるデージー♡
旬の時期が長く、枯れた花を茎から取り除けば、どんどん新しい花を咲かせてくれます。

野に咲く花のような姿をしていて、豪華さはありませんが素朴で小さな花が群れて咲く姿は可憐そのもの!

様々な品種があり、中には5cm程度の大きな花を咲かせるものもありますよ。
ですが、小本的には小型なので、メインの花を引き立たせる目的で植えるのが◎

2月が旬のお花⑨ストック

ストック

ストックは花が少ない2月頃に、花屋さんの店先を彩り豊かに飾る花♡
本来の旬は春ですが、冬の間も切り花の状態でたくさん売られています。

優しく甘い香りがするので、室内に花を飾りたい人におすすめ!
草丈が大きく、大きなものでは60~80cm程度にもなるんですよ。

ピンク・ホワイト・イエローと、パステル調の色合いの花を咲かせます。
花も大きくボリューム感があるので、フラワーアレンジメントに使用するのもいいのではないでしょうか。

2月が旬のお花⑩ウメ

ウメ

2月に旬を迎える花と聞いて、ウメの花を思い浮かべる人はきっと多いことでしょう。
寒い時期から咲き始め、いち早く春の訪れを告げる花として人気ですよね。

ウメは切り花としても楽しむことができる花♡
枝ぶりの良いものを選んで、花瓶に挿しておくだけで絵になりますよ。

どんな花瓶に生けてもいいですが、シンプルなデザインのものを選ぶと◎
床の間や和室などに飾ると、凛とした佇まいと甘い芳香を楽しむことができます。

2月に旬を迎える花をご紹介しました。
花があるだけで、部屋の中やベランダが華やぎますよね。
日当たりや水やりの方法をチェックして、長い期間美しい花を咲かせましょう。
切り花として飾る場合は2日に1回は水替えをし、暖房が直接当たらない場所に置いてみて!
今回ご紹介した花は難しいコツがいらないものばかりなので、ぜひ育ててみてくださいね。