女性の親友がいて良かったと感じる瞬間4つ

LIFESTYLE

みなさんは親友がいますか?
作ろうと思ってできるものではないですよね。自然とほかの友達より話が弾んだり、一緒にいる時間が長くなっているものです。
そして、本題。女性の親友がいて良かったと思う瞬間4つを紹介します。

女性の親友がいて良かったと思う瞬間① 精神的な支えになってくれたとき

女性は悩みがとにかく多い生き物。
恋愛、美容、結婚、妊娠などなど。
女性特有の悩みに至っては、女性同士でしか話せないことが多い。
しかもそういうことって誰にでも話せるわけじゃない。

だからその悩みを吐き切ることができる親友がいたとき、親友がいて良かったと感じます。
悩みを自由に打ち明けられ、励ましてくれる。
そんな関係は親友だからできること。

女性の親友がいて良かったと思う瞬間② 本気でぶつかり合えたとき

当たり前ですが、両親や兄弟などの身内には本当の気持ちをもって向かい合っていますよね。
でも、身内以外ではほかにだれがいますか?
友達なら、気を遣って本気で向き合えないこともありますよね?
「傷つけちゃったかな?」って気にしてしまいます。

では親友は?
親友に嘘をついている人、つき続けている人はほとんどいないと思います。
そう、身内以外で本気で向かい合うことができるのは親友だけ。
なーんでも言い合える。もしかしたら親兄弟より言い合えているかも?
ありのままの自分を出して、受け入れてくれるのは本当に少数なんです。

女性の親友がいて良かったと思う瞬間③ 自分より自分を知っていたとき

自分は一体どうしたらよいのか。って思うときありますよね。
たとえば、就活のとき。
自分は一体何がしたいのか、将来どうなりたいのか、分からなくなります。
または、恋愛中のとき。
一体どうしたら好きになってもらえるのか、私は本当に魅力的なのか、分からなくなります。

でも親友はあなたをずっと見続けてくれています。
上記のような主観にとらわれてしまっている場合、親友はあなたを客観視して的確なアドバイス、激励の言葉などを与えてくれます。

女性の親友がいて良かったと思う瞬間④ 姉妹のようになっていたとき

姉妹ってお洋服を貸し借りしたり、ご飯食べに行ったり、ガールズトークしたりしますよね?

親友の場合もそう!
お洋服を選びあったり、旅行したり、楽しいときは一緒に大笑い。悲しいときは顔がぐちゃぐちゃになるまで一緒に泣く。

まるで本当の姉妹のような関係になれるの。
お互いのことを知り尽くしているからこそ、なれる特別な関係。

親友は本当に特別な存在。
あなたの人生にとっても大きな影響を与えています。
日ごろから感謝して、これからもその素敵な関係でいてね♡