家計簿いらずで簡単にお金が貯まる方法って?

LIFESTYLE

家計簿は長く続かないし、貯金も節約も苦手……。
そんなことを繰り返していたあなたにおすすめしたい、家計簿いらずの節約術♪
自分に合った方法で、あなたもこの春から貯めれる女になりましょう♡

レシートをチェックして浪費グセの把握

日々お財布に溜まっていく大量のレシートを、まずは「衣食住」に分けて1ヶ月間貯めておきましょう!

そうすることで、外食が多いのか、コンビニでのお菓子が多いのか、またコスメやお洋服にお金がかかっているかなど、浪費グセが見えてきます。

もし、レシートを集めるのが面倒な人は、レシートの写真を撮るだけで記録してくれるアプリもあるので活用すると便利です。

続けるポイントは、ほんとに無駄だと思うものだけをカットすることです。

それ以外も無理にカットしようとすると、そのストレスで余計なものまでたくさん買ってしまうことになります。

翌月からちょっとずつ出費を抑えていけば、少しずつ節約することができます!

封筒を使ってざっくり予算管理

自分の浪費グセが分かってきたら、月初めに現金をおろし、1ヶ月分の予算をそれぞれ封筒に分けてざっくり管理してみましょう♪

分け方はざっくりでOK!

例えば、「食費」「娯楽費」「買い物代」などでも良いですし、項目別ではなく、1週間でいくらといった「週の予算」として分けても良さそうですね♪

現金を目に見えた形で管理することで、ただたんに口座から引き出しているときよりも、増減が分かりやすいので、節約しやすくなります!

ストックは買わない

安売りに惑わされ、ついつい多めに買ってしまいがちな生活用品のストック……。

しかし、時間が経つと買ったことも忘れてしまったり、新商品が販売されると欲しくなってしまうもの。

そうしてストックがどんどん増えていけば、安く買った意味もなくなってしまいますよね!

「必要なものは必要なときにだけ買う」という習慣をつけることで、無駄が減って少しずつ節約できるようになります♪

買い物は目的のものを先に

何か欲しいものがあって出かけたとき、「荷物になるから……」といって、目的のものは後回しにして、余計なものをたくさん買ってしまった経験はありませんか?

ついついウィンドウショッピングや衝動買いをしてしまっては、節約どころではなくなってしまいますよね。

目的のものはさっと買い、余計な買い物欲を満たしてしまいましょう♪

いかがでしたか?
家計簿を使わなくても、少し生活を工夫するだけで節約ができるようになります。
まずはできることから少しずつ始めてみましょう♪
お金が少しづつ貯まるはずです!