彼氏をメロメロにする究極の甘え方とは?

LOVE

「もっと彼女に甘えてほしい」と思っている男の子は、実はたくさんいるそうです。
一方で「甘えたいけど、甘え方が分からない!」という女の子も少なくないのではないでしょうか?
そんな女の子のために上手な甘え方のパターンのご紹介です♡
甘え上手になってもっと彼とラブラブになっちゃいましょう!

<究極の甘え方①>まずは小さなお願いごとをしてみる♡

普段あまり甘えない人は何かのお願いごとを彼にしてみましょう。

「あそこにデートに連れてってほしい」とか「ショッピングに付き合ってほしい」などの簡単なことでOKです。

これなら甘え慣れてない人でもさりげなく言えるので簡単ですよね!
普段甘えない彼女に「〜してほしい」という希望を伝えられるだけで、彼氏は頼られていると感じて嬉しいそうですよ♡

お願いを聞いてくれたときには、しっかり「ありがとう」とお礼を言うのも大切です。

<究極の甘え方②>手をつなぐ時は自分から!

ぜひデートに行ったら、彼女から手を繋ぎましょう!

普段手を繋がないカップルは、最初は人が少ないところでさりげなく彼氏の手をつかめば、彼氏は彼女にたまらなく胸キュンです♡

普段手を繋いでるカップルも、彼氏が繋いでくる前に、彼女から手をとってくれればいつもと違う彼女の様子にとっても喜ぶはず♡

手を繋ぐのがどうしても恥ずかしい人は、彼氏の袖などを、ちょこんと掴むだけでも男の子は喜びますよ♪

<究極の甘え方③>気持ちは素直に伝える♡

なかなか会えないときは「寂しい」とかデートの最中だったら「もっと一緒にいたい」などの気持ちを素直に口にしましょう。

きっと彼も同じことを思ってるはず!それを彼女から言われたらとっても嬉しいのです。

ただしこれらを言う時は重くならないように注意が必要です!「寂しいから次会うのが待ち遠しい」など、一言工夫して言うと、重くなりません。

<究極の甘え方④>キスをおねだり♡

これは少しレベルが高いかもしれませんがこれが嫌いな男の子はいません!

彼女が照れ臭そうに言う姿は男の子は思わず抱きしめたくなっちゃう位に嬉しいのです。

そんなの恥ずかしくてムリ!っていうときはハグのおねだりでも良いかもしれませんね!

近寄ったときにふわっと良い香りがするように、彼の好きな香水などの香りをまとっておくとパーフェクトです♡

甘えられて嫌がる男の子なんて滅多にいないのです!
甘え上手になることで、もっとラブラブになれるのではないでしょうか♡
ぜひできることから試してみてください♩