薬ばかりに頼りたくない!毎月くる辛い生理痛を和らげるポイント7つ

生理痛がひどいと、痛みで仕事や趣味に集中できなくなることってありませんか?
毎月くるものなので、生理痛のことを考えただけでイヤになってしまいますよね。
そこで今回は、辛い生理痛を和らげるポイントについてご紹介いたします。

辛い生理痛を何とかしたい!和らげることはできないの?

生理痛に悩まされている女性は、なんと全体の8割以上になるといわれています。
そう、多くの女性は毎月くる生理痛に耐えながら、仕事もプライベートも乗り越えているのです。

生理痛には我慢できるくらいのシクシクする痛みもあれば、寝込んでしまうほどの痛みを伴うこともあります。
そのため、痛みを感じるたびに薬に頼ってしまうという女性も多いのではないでしょうか。

しかし中には、「薬ばかり飲んで本当に大丈夫?」「薬慣れしないか心配」と考える女性も少なくありません。
そこで今回ご紹介するのは、薬ばかりに頼らず、辛い生理痛を和らげるポイントです。

なぜ生理痛が起こるのか、どのような方法で緩和することができるのか、辛い生理痛を乗り越えるために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

生理痛はなぜ起こるの?辛い生理痛を和らげるポイントとは?

生理痛はなぜ起こるのでしょうか、まずはその原因を見ていきましょう。

生理中は、子宮壁を収縮させる“プロスタグランジン”が分泌されます。
このプロスタグランジンは発痛物質で、過剰に分泌されることで子宮の筋肉収縮も激しくなり、痛みを感じるようになってしまうそうです。

それだけでなく、全身の血行障害やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが原因で痛みを感じることもあります。

生活に支障をきたすほどの重い生理痛であれば、「月経困難症」の可能性も……。
強い子宮収縮が原因の“機能性月経困難症”と、病気が原因の“器質性月経困難症”があります。
重い生理痛は病気が潜んでいる可能性もあるので、早めに婦人科を受診することがおすすめです。

ここからは、辛い生理痛を和らげるポイントについてご紹介いたします。

辛い生理痛を和らげるポイント①食生活を見直す

辛い生理痛を和らげるポイントとしては、まず食生活を見直してみましょう。

冷えや血行不良は生理痛を重くします。
ですので、体内で熱を作れるような身体にすることが大切です。
そのためには、筋肉の材料となり、熱を作り出す大豆や魚などの良質なタンパク質、腸内環境を整えて巡りをよくする食物繊維や発酵食品を積極的に食べるようにしてみてください。

また、なるべく温かいものを食べたほうがいいので、「生野菜より温野菜」「陰性食品より陽性食品」というように身体を冷やす食事や飲み物は避けましょう。
添加物の多い加工食品は身体を冷やすだけでなく、必要な栄養素も摂ることができないので、なるべく控えるようにしてみてくださいね。

辛い生理痛を和らげるポイント②適度に運動を取り入れる

続いてご紹介する、辛い生理痛を和らげるポイントは、適度に運動を取り入れること!

適度に運動をすることで、代謝がよくなります。
そして代謝がよくなれば、血流も促進されるので巡りのいい身体をキープすることができるんです。

手軽に始められる運動では、ウォーキングがおすすめ。
1日30分くらいを目標に、背筋を伸ばし、歩幅を広めにしてサクサク歩くと身体もポカポカしてきますよ♪
それだけでなく、ストレス解消にも効果的です。

ただし生理痛がひどいようであれば、無理は禁物。
家でリラックスしながらストレッチなどをして、身体を温めるように工夫してみてください。

辛い生理痛を和らげるポイント③毎日湯船に浸かる

忙しかった夜や暑い季節は、シャワーだけで済ませていませんか?
毎日シャワーで過ごしていると、身体を冷やす原因になるので生理痛が悪化してしまうこともあります。

辛い生理痛を和らげるためには、毎日湯船に浸かる習慣をつけて、身体を芯から温めるようにしましょう。
身体がポカポカし、汗がじわっと出てくるようであれば、血流がよくなっているサインです。

入浴は痛みを緩和させるだけでなく、ストレス解消や1日の疲れを癒すためにも効果的なので季節や忙しさ問わず浸かっていきたいですよね。

ただし生理中は、細菌やばい菌が入りやすくなっているといわれています。
また、皮膚のバリア機能も低下しているようなので、湯船から出たらデリケートゾーンなどの専用ソープなどを使うようにして清潔な状態を保ちましょう。

辛い生理痛を和らげるポイント④オフィスでは身体を冷やさない

夏場などはエアコンが一日中効いていますよね。
その中で仕事を続けていると、身体が冷えてしまいます。

冷えた環境の中にいると生理痛が悪化してしまうので、オフィスにいるときは身体を冷やさないように工夫しましょう。
ブランケットで下半身の冷え対策をしたり、腹巻などで子宮を温めたりするのがおすすめです。

特に効果的な方法は、仙骨(せんこつ)にカイロを貼ること。
仙骨は、骨盤の中央あたりにあり、背骨の一番下と繋がっている逆三角形の骨です。
この仙骨を集中的に温めることで、子宮だけでなく全身の血行がよくなるので体温が上がります。

すると血管が開いて、プロスタグランジンの過剰分泌を抑えることができるので、辛い生理痛を和らげることにも役立ってくれますよ。

辛い生理痛を和らげるポイント⑤ストレスや疲労を溜め込まない

続いてご紹介する、辛い生理痛を和らげるポイントは、ストレスや疲労を溜め込まないことです。

ストレスや疲労を溜め込むことも生理痛の悪化に繋がります。
生理前や生理中などは疲れやすくなったり、イライラしたりすることが増えてしまうので、自分の中でストレス解消法を見つけておくのがおすすめです。

適度な運動や入浴でも発散することができますが、十分な睡眠や規則正しい生活なども大切です。
家にいるときはなるべくリラックスできる空間作りを心がけるようにするといいですよ。

また、オンオフをしっかり分け、“仕事するときは仕事をしっかりやる、遊ぶときは思いっきり遊ぶ”ということもポイントです。

辛い生理痛を和らげるポイント⑥生理用品は好きなものを使う

「生理用品は好きなものを使う」というのも、辛い生理痛を和らげる方法として人気があります。

コットンやオーガニックコットンなどでできた「布ナプキン」は、かぶれやムレ、かゆみなどに有効です。
そして最近では、温め効果のある布ナプキンも多いようで、生理痛を緩和するために効果的だといわれています。

しかしメリットがある一方で、重曹水で洗わなきゃいけないことや、使用済みを持ち歩くのに困ってしまうことなど、ストレスに感じてしまう女性も少なくありません。
生理用品は自分にストレスがかからないように、好きなものを使うのがおすすめ!

辛い生理痛を和らげるポイント⑦鎮静剤にも賢く頼る

薬ばかりに頼りたくない女性もいると思いますが、賢く頼って辛い生理痛を和らげることもひとつの方法です。
月に数日、鎮静剤を飲むのであれば、依存症や副作用などの心配はしなくても大丈夫だといわれています。

ただし、市販の薬は胃に負担がかかるものもあれば、副作用が強い可能性もあることを覚えておきましょう。
身体に負担をかけずに生理痛を緩和させるなら、まずは医師に相談するのがおすすめです。

急ぎの場合は、お店にいる薬剤師さんなどに相談しながら市販の鎮静剤を買ってみてください。
そして、必ず量や飲み方などは守るようにしましょう。

「鎮静剤が効かない」「一週間以上飲み続けている」という女性は、一度産婦人科で見てもらうようにしてくださいね。
辛い生理痛を和らげるポイントについて、ご紹介させていただきました。
生理痛のことを考えるだけで、“生理=苦痛”になってしまいますが、緩和させることができれば少しは楽に過ごすことができます。
時には鎮静剤にも賢く頼りながら、毎月くる生理痛を上手に対処していきましょう。

【関連記事】これって病院で受診するべき?行くか迷ってしまう女性の身体の悩み

「生理不順」「重い生理痛」「生理前のイライラ」などの女性の身体の悩み……病院に行くべきな...

生理痛 辛い 和らげる ポイント 毎月

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる