飲むタイミングはいつ?訪問先でお茶を出してもらったときのマナー

打ち合わせなどで他の会社を訪問したり、彼の実家、上司のお家にお邪魔したりしたときに、必ずと言っていいほど出てくるのがお茶などの飲み物です。
でもこのお茶、どんなタイミングで飲めばいいのか、そもそも飲んでいいのか、訪問先でのマナー的に気になる人も多いのでは?
ここで、訪問先でお茶を出していただいたときのマナーをおさらいしておきましょう。

訪問先での「お茶」マナー①飲まないより飲むほうがベター

訪問先でのお茶は飲むと相手の要求を「全部飲む」ことになるから、お茶は飲まないほうがいい。

そういう説もあるものの、一般的にはせっかく出していただいたお茶は、美味しくいただくほうがマナーとしてはベターです。

出してくださった方の気持ちに感謝をして、「いただきます」「ありがとうございます」と一言添えて口をつけましょう。

自分がお茶を出したときに、飲んでもらえなかったとしたら……苦手だったのかな?と色々心配になってしまいますよね。

相手の立場に立って考えると自然と答えが見えてくると思いませんか?

訪問先での「お茶」マナー②打ち合わせや面接なら「どうぞ」の一言を待とう

訪問先でお茶を出されたときに、飲むべきか飲まざるべきかという悩みの次に多いのが「いつ飲めばいいの?」という疑問です。

基本的には、出していただいたお茶は相手が「どうぞ」とすすめられてからいただくのがマナーです。

また、待合室などで出していただいた際には、出してくださった方が部屋を退出してから飲みましょう。
もしも上司と打ち合わせに出かけた先なら、上司よりも先にお茶を飲むのは避けるほうが無難です。

訪問先での「お茶」マナー③温かいお茶は温かいうちに

温かいお茶やコーヒーなどを出してもらったときには、冷めないうちにいただくのも訪問先でのマナーの一つ。

お茶の温度などを考えて出してくださる方も多いからこそ、美味しいうちに飲むのもその心遣いをありがたく受け止めるうえで大切です。

相手にすすめられなかったとしたら、「せっかくですので温かいうちにいただきます」と一言添えれば大丈夫ですよ。

訪問先での「お茶」マナー④飲みほさなくても大丈夫?

一度飲み始めたそのお茶、口をつけた飲み物は飲み干すべき?と考える人も多いかもしれません。

難しいところですが、よほどの理由がない限り、一度口をつけたなら最後までいただくほうが訪問先でのマナー的には◎

片付ける人の手間をかけないように、飲み干して片付けやすくするのも大切な配慮です。

訪問先での「お茶」マナー⑤口紅の跡などは注意して!

女性で特に気をつけたいのが、飲み物のカップに口紅やグロスの跡を残したまま、訪問先から帰ってきてしまうこと。

口紅のあとを残してその場を去るのはマナー違反!さりげなく指やハンカチで拭うのがスマートです。

食器を洗うときに、口紅の跡が残っていたら、洗う方もいい気がしないですよね。
そういう気持ちにさせないようにするのが、マナーの大切な極意です。
せっかく出してもらった訪問先のお茶。
口をつけても全くマナー的には問題がないからこそ、どう飲むのかに意識をおいて周りへの配慮をするのが大切です。
訪問先への感謝の気持ちを忘れないようにしたいものですね♡

【関連記事】お店に着いたらまず上座を確認!先輩・上司と飲み会に行く時のマナー

4MEEE magazine Vol.1 p.127〜全方位、愛され力の身につけ方。社内での親睦を深めるために……...

訪問先 お茶 マナー

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる