「声が小さい」悩みを解決!改善方法4つ♪

LIFESTYLE

声が小さくて悩んでいる方、人と話していても聞き返されたりして何かと困りますよね。
そこで小さい声を上手く治して、大きくする方法をご紹介します。

声が小さいのを改善する方法① 声が小さいのを治す水を飲んで喉をしめらす。

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

喉が乾いていると上手く声を出せません。
常に水分補給して、声帯を湿らせてあげておいてください。
特に朝起きた時は、コップに2杯くらいのお水を飲むとよいです。

乾燥した部屋などにずっといると喉によくありません。
加湿器などで湿度を保ったり、マスクをしたりするなどして喉のケアをしましょう。

刺激物やタバコも喉を枯れさせる原因になります。
アルコールも飲みすぎると、声帯が枯れる原因になるので注意しましょう。

声が小さいのを改善する方法② ボイトレをする。

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

声が小さい人は、肺呼吸が浅く喉で声を出しているので、声帯を酷使している可能性があります。
ボイストレーニングで、複式呼吸を練習して腹から声を出すようにすると、喉を痛める事なく大きな声を出すことができます。

ボイストレーニングでは、インナーマッスルを鍛え、大きくお腹に息をたくさん吸い込んで、ゆっくり吐き出す訓練をします。
喉を開いてお腹から声を出すことで、喉を痛めることもなく、大きな声を出すことが出来ます。

声が小さいのを改善する方法③ 話し方の練習をする。

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

緊張すると、声が上ずって大きな声で話すことができません。
深呼吸をして緊張をほぐし、落ち着いてゆっくり話します。

姿勢を良くし、顎を引いて声を出しやすくしましょう。
同時に滑舌をよくする練習もしておくとよいです。
口を大きく開き、声がこもらないようにします。

アナウンサーの人がやるように、「あいうええおあお」や、早口言葉を口を大きく開いて練習しておきましょう。

声が小さいのを改善する方法④ ボールを投げるイメージをする

出典:darkburt.deviantart.com

遠くまで声が届くような、大きな声を出すには近くに叫ぶだけでは届きません。
腹式呼吸を使い、口を大きく開けて声帯を開きながら、大きな声を出します。

ボールを遠くに投げ、放物線を描くようなイメージをして遠くの方に声を出します。
喉を使って叫ぶだけでは、遠くに声は届かず喉を痛めてしまいます。

相手を威嚇するような時には、低い声で腹の底から声を出します。
いろんな状況に合わせて声の出し方も変えてみましょう。

声が小さくて悩んでいる方の、改善方法はいかがでしたか?
声の出し方や、喉のケアなど普段から心がけることが大事ですね。
大きな声が出せるようになると、自信にも繋がるので是非試してみてください。