待ちグセをやめよう!「チャンスを掴む女」と逃す女の違いって?

チャンスが舞い込んできたとき、それをしっかり掴めるか、うっかり逃すかで、その後の人生が大きく変わりますよね。できるだけチャンスを掴みたい!
では、「チャンスを掴む女」と「チャンスを逃す女」の違いはなんなのでしょう?

「チャンスを掴む女」とチャンスを逃す女の違い① 選択肢の量の違い

チャンスは選択肢のひとつでもあります。
“選択肢は多ければ多いほど良い”という考えを持っている人は、チャンスを逃すかもしれません。

選択肢が増えると、比例して悩む時間が増えることもありますよね。
チャンスはそこでジッとしているわけではないので、悩んでいる間にチャンスが逃げてしまうかもしれません……。

時と場合によりますが、チャンスを掴みたいなら、あまり欲張らずに限られた選択肢の中から選んでみては?

「チャンスを掴む女」とチャンスを逃す女の違い② 人間関係の違い

環境が人に与える影響は大きいですよね。

自分軸を持っていたとしても、頑張らないといけない時期に友達から誘われ、つい遊びに多くの時間を費やしてしまったなんて経験は、だれでも一度はあるのではないでしょうか?

チャンスが目の前にあるときは、遊びに命をかけている友達とは、距離を置いた方が良いかもしれません。

またチャンスを掴める人は、悪い人間関係を断ち切る勇気も持っているようです。

「チャンスを掴む女」とチャンスを逃す女の違い③ 準備しておいたものを武器にするか、盾にするか

チャンスを掴む人にも、チャンスを逃す人にも、チャンスが来る前から準備をしている人は多いです。

そしてチャンスが目の前にやってきたとき、チャンスを掴む人は、用意した知識や体を最強の武器にします。

一方でチャンスを逃す人は、知らず知らずのうちにそれらを盾にしていませんか?

知識を盾にし、現状維持を求め続けるのは、チャンスをシカトしてるようなものです。
“とりあえず準備だけして終わり”のくり返しから抜け出してください。

「チャンスを掴む女」とチャンスを逃す女の違い④ 行動が習慣化しているか、待ちグセがあるか

いつもチャンスを逃してしまう人は、待ちグセがあるのかもしれませんね。

良く言えば、理想の未来に貪欲ですが……目の前のチャンスが小さなものだと感じたとしても、「これもご縁なのかな」と考えて、受け止めてみてもいいのではないでしょうか?

このような小さなチャンスを掴める人は、行動力があります。
行動が習慣化すると、簡単にチャンスを掴めるようになるかもしれませんよ!

「チャンスを掴む女」とチャンスを逃す女の違い⑤ 少しワガママか、優しすぎるか

チャンスを逃す人には、優しすぎる人が多いように感じます。

家族や恋人、友達を第一に考え、優先できる心を持っているのは素晴らしいことですが、たまには、ワガママに生きる時期があってもいいのではないでしょうか?

少しワガママに生きている人は、チャンスを掴んだ瞬間、一気にスピードを上げます。
ワガママに生きている分、チャンスが現れたら掴まないわけにはいかないのでしょう。

少しワガママに生きると、ちょっと無理をしなくてはいけない時期を知ることもできるようです。
チャンスを掴む人は、最良の判断ができるのかもしれません。
チャンスに食らいつくぐらいの気持ちを持って、毎日を過ごしたいですね!

【関連記事】「壁にぶち当たった時に成長できる人」が掲げる5つのポリシー

♡4MEEE magazine Vol.2 p.126〜「憧れの先パイ女子がアラサー期までにしていたコト」「仕事や...

チャンス 掴む 逃す

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる