その出会いが人生を変える!アラサー女子に必要な5タイプの友達

LIFESTYLE

アラサー(25〜34歳)になると、環境の変化や金銭感覚の違いなどが理由で、友達が減るといいます。
しかし、新たな出会いに貪欲でありたいですよね!
ということで今回は、「アラサー女子に必要な5タイプの友達」をご紹介します。

アラサー女子に必要なのは「仕事を楽しんでいる」友達

アラサーになると仕事に慣れてくる人も増えると思います。そうなると、仕事にマンネリを感じるようになり、やる気が起きなくなる可能性が出てきます……。

これは成長している証拠ですが、マンネリを脱出したい人は、仕事を楽しんでいる友達を作ってください。

仕事を楽しめる人と話すと、自分とその人との考え方や行動の違いがわかります。そこから得るものは多いです。

アラサー女子に必要なのは「洞察力が鋭い」友達

洞察力とは、見抜く力のことです。つまり、洞察力が鋭い人は、物事の本質を見抜くことができるんです。他人の変化にも敏感なので、アドバイザーのように優しく諭してくれます。

的確なアドバイスをくれる人に悩みを話すと、パッと解決することが多いので、悩みの尽きないアラサー女子には絶対に必要な友達です。

アラサー女子に必要なのは「アッサリした付き合いができる」友達

会うたびに「彼氏できた?」と聞かれると、ちょっとしんどいですよね。この友達には、彼氏ができたときに報告をしないと、後から文句を言われそうです……。

学生時代は、友達になんでも報告したいし、報告して欲しかったかもしれませんが、歳を重ねると、報告し合わなくていいサラッとした関係が非常にラクと感じる人が多いようです。

また、アラサーにもなっても恋愛ネタしか話題がない人は魅力的ではありませんよね。

親身になってくれる友達は、意外とアッサリした付き合いができます。これに気づくと、友達観が大きく変わります。
ただし、必要なことは報告してくださいね。

アラサー女子に必要なのは「一緒に旅行ができるような」友達

一緒に旅行ができる友達も、アラサー女子には必要です。

「旅行しよう」と誘ってくれる友達は、おそらくフットワークが軽く計画的な人なので、日頃からその友達の習慣を観察し真似すると、仕事力がアップするかもしれません。

また一緒に旅行ができる人は、一緒にいると居心地がいい人ですよね。敵にならず味方でいてくれる友達は、大切にしてください。

アラサー女子に必要なのは「鏡のような」友達

鏡は絶対に嘘をつきません。真実だけを映し出します。アラサー女子には、このような友達も必要です。

鏡のような人は、あなたと似ている部分があるので、あなたが気づかなかった成長に気づき、それを教えてくれるかもしれません。また、あなたを受け入れてくれます。

つまり、似ているけれど理想的な人。そんな友達ができると、人生が今より明るくなるはずです。

今回ご紹介した5タイプの友達からわかるのが、大人の友情はベタベタしていないということです。
仕事などジャンルの違うもの同士も、レベルが同じくらいなら話していて楽しいはず。
つまり、レベルが上がると、友達が変わるようです。