彼ママとの相性が悪い。結婚しようかどうか迷った時の対処法とは

結婚は、二人だけでは完結しない。
どちらかというとお互いの家がどれだけ一致団結できるかどうかです。
特に嫁ぐ先がどんな環境なのかは重要ですよ。
もし付き合う前から彼ママとの相性が悪いと判明したら、あなたならどうしますか?
それでも彼を追いかけますか?それとも別の場所を考えますか?
今回は、彼ママとの相性が悪くて結婚しようかどうか迷ったときの対処法をご紹介します。

彼ママとの相性が悪いと判明したときの対処法①彼はどちらの味方になってくれる?

付き合う前に彼ママとの相性が悪いと分かったら、あなたはどうしますか?

一番重要なのは、彼がどちらの立場をとるかです。
たとえば、過去にこんなことがあった女性がいるそう。
当時付き合っていた彼と同棲しようとしたところ、彼の親が大反対!
「結婚もしないで一緒に生活してどうするんだ」といい始めたそうです。

てっきり彼は、自分の(彼女の)意見を優先させるのかと思いきや、どんなに同棲の準備を始めようとしても、歯切れが悪く、一向に進みません。
彼女はこの瞬間、彼はいざというときお嫁さんではなく、自分の両親を優先させる人なんだと気づいたそうです。

結婚する意欲もなくなり、結果として別れたそうですが、彼が味方になってくれないと結婚生活は厳しくなりますよ。
彼ママとの相性が悪くても、彼が潤滑油としていてくれるならまだしも、お嫁さんを守らないなら、彼は運命の相手ではありません。
彼ママと自分のどちらを優先させるか、チェックしてみて!

彼ママとの相性が悪いと判明したときの対処法②結婚は二人だけの問題ではない

勘違いしてはいけないのは、結婚=結婚式ではないということです。
結婚式は、あくまでもスタート。
そこから先の人生の方が長く、本当に彼の家に馴染めるかどうかを考えなくてはいけません。

少しだけ悲しいお話をすると、自分の両親とは一緒のお墓には入れず、嫁いだ以上は基本的に彼ママと一緒になるのです。
それが結婚でもあり、結婚生活でもあります……。

ドレスを着て、お姫様気分を味わるのは、ほんの一瞬。
お付き合い前に彼ママとの相性が悪いと分かっているなら、本気でこれからをどうするべきか考えなくてはいけませんよ。

彼ママと波長が合わなくても、それ以上に彼に惚れ込んでいるなら、そのまま結婚生活に入っても問題ないでしょう。
しかし、少しでも「この人とは無理!」と彼ママに対して思ったなら、あなたの直感が正解なんです。
無理やり進めても、きっと最終的には別々の道を行くことになる可能性が高いですよ。

彼ママとの相性が悪いと判明したときの対処法③彼ママとの関係性を完璧には断ち切れない

彼ママとの相性が悪いと感じたら、付き合わなければいいと考える人もいるようです。

たしかに彼の実家から離れて暮らせば、少しは距離をとれるかもしれません。
しかし夫婦二人ならともかく、孫が産まれた場合、完全に断ち切るのは厳しいでしょう。
しかも長男誕生となれば、あなたが拒否をしたとしても、彼ママは関わってきますよ。

自分の両親の意見はスルーされて、彼ママの意見だけが反映されることもあるんです。
彼ママとの相性が悪いと分かっても、それだけで結婚を諦める必要はありませんよ。
ただ、人と人との相性は、努力をすれば解決できるものでもありません。

波長の合わない人と一緒に過ごしていれば、具合も悪くなります。
彼ママとの相性を見極めながら、彼と結婚するかどうかを決めて!

彼ママとの相性が悪いと判明したときの対処法④少しでも違和感を覚えるなら無理はしない!

彼ママと相性が悪いと、戸惑うでしょう。
このまま本当に結婚をしてもいいのかどうか……。
しかし、彼にとっては大切な両親で、いくら相性が悪いとはいえ、頭ごなしに否定するわけにはいきません。

彼ママを含め、結婚する以上は最低限の親戚付き合いもしなければいけません。
「彼ママとは相性が悪くても彼の側にいたい」もしくは「彼とだったらどうにか乗り越えられる」と思えるなら、結婚しても問題はないでしょう。

大切なのは、違和感を覚えながら無理やり結婚へと進めないことです。
少しでも「何か違う」と思っているなら、あなたの直感が正解!
自分の両親から結婚をすすめられたとしても、最終的には自分の直感が大正解なんです。

たとえどうにか結婚できても、いずれ違和感を隠しきれないほどのストレスを感じるはず。どんなに彼を愛おしく思えても、彼ママとの相性が悪いと、それだけで結婚へのストップがかかります。
焦らずに時間をかけながら、最終的な結論を出しましょう。

彼ママとの相性が悪いと判明したときの対処法⑤努力だけでは仲良くなれない

彼ママにとって、彼は大切な息子!
つまりどんなに嫁となるあなたが努力しても、彼以上にはならないのです。
そもそも、元々の相性が悪いようであれば、溝を埋めるというよりも、折り合っていくしかありません。

多少の諦めや割り切りも必要になりますよ。
きっと彼ママが100%納得することはなく、場合によっては、いつまでも血の繋がっていない家族として接せられる可能性もあります。
彼ママとの相性だけは、努力で解決するものではありません。

もちろん何もしないよりは、彼ママに気に入られようと努力するのは大事。
ただあまりにもしつこく寄り添うと、逆効果の場合もあります。
相手がシャットダウンしている中、無理やり割り込んでいけば、さらに家族の中で、ひとりぼっちになるかも……。

血の繋がりだけは飛び越えられません。
あくまでも彼との結婚を夢見るなら、ほどよい距離を大切にしつつ、少しずつ時間をかけながら、彼の家族の中に入れるようにがんばって。

彼ママとの相性が悪いと判明したときの対処法⑥結婚は相手の家族と結婚するようなもの

結婚は、二人ではなくお互いの家族が一つの家族になります。
今まで別々の場所で暮らし、育ってきた家族が一つとなるのです。
無事に新しい家族のかたちになるためには、努力も必要ですが、ある程度「相性」も大事!

最初から彼ママとして認めてもらえない状態で、ずっとお嫁さんとして奮闘し続けるのは限界があります。
彼が味方になっていない中、働きに行って、家事もして、子育てもして、彼ママとも上手く付き合わなければいけない……。

それでは、ある日突然爆発したくなるのも当然!
今はともかく、いずれは彼ママの最期も面倒をみなければいけません。
また、彼と彼ママは一つのセットです。
彼とは結婚したいけど、彼ママとは付き合いたくない、というのは基本的に通用しません。

彼が昔ながらの日本男児の場合、別居ではなく同居を求められる場合もあるかもしれません。
それだけでなく、「親戚付き合いも積極的にしてほしい」といわれるかもしれません。
だからこそ、彼ママに対し、少しでも違和感を覚えたら、そこからは少し前に進むのをストップしましょう。

最終的には、彼をとるか、より自由に過ごせる環境を取るかのどちらかを選ぶことになります。
彼がどれだけ奥さんを優先させてくれるかも、重要な判断材料になりますよ。

彼だけではなく、彼の家族と結婚するのが「結婚生活」です。
彼が本当に運命の人なのかどうかをしっかりと見極めてくださいね。
結婚するカップルがいる一方で、離婚する夫婦も増えています。
結婚してもゴールインではなく、むしろどれだけ相手の家族と一心同体になれるかが重要です。
自分の家族よりも相手の家族の意見を尊重しなければいけない瞬間は何度も訪れますよ。
お付き合いする前から彼ママとの相性が悪いと感じているなら、それは何らかのサイン!
神様から「よく考えなさい」と言われているのかも。
彼と彼ママが一つのセットと考えたとき、本当にすべてを受け入れられるのかどうか、よく考えなくてはいけません。
立ち止まって、ゆっくり考える必要があるんです。
彼との結婚生活をとるにしても、彼ママとどう向き合えばいいのか、対策を考えつつ、少しずつ前に進んでいきましょう。

【関連記事】「はじめまして」が肝心!彼ママのハートをキャッチする手土産リスト

「家族に紹介したい」と彼に言われたら、とっても嬉しいですよね♡でもその反面、緊張も……。特...

彼ママ 相性 悪い 結婚 対処法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる