全裸で寝ると快眠?驚きの効果とは

LIFESTYLE

みなさんは寝るときに何を着て寝ていますか?
スウェット、パジャマ、ランジェリー…いろいろありますよね。
では“裸”で寝ているという人はどれくらいいますか?
今回は裸で寝ることのメリットについてご紹介したいと思います。

{裸で寝るメリット①}肌触りが心地いい

とにかくこれですよね!
お布団の感触が直に肌に触れることで心地よく感じることができます。
これは気持ちよく快適に睡眠するためには必要なこと。

ふわふわのお布団に包まれて幸せな気分に浸りながら睡眠できる喜びを味わってみてください。
一度やったらその気持ちよさに病み付きになるはず♡

ただし風邪をひかないように、布団の種類や室温に注意してくださいね◎

{裸で寝るメリット②}睡眠の質が上がる

睡眠の質の良し悪しは、体温が重要な役割を果たしているのをご存知でしたか?
確かに、夏や冬の極端に気温が変化するような時期は、暑苦しくて寝付けなかったり、寒くて縮こまるせいで体が疲れたりしますよね。

スッキリした目覚めのためには、体温や気温に気を使っておく必要があります。
特に人間は少しひんやりしていたほうが睡眠の質が向上するんだとか。

{裸で寝るメリット③}アンチエイジング効果

アンチエイジングなんてまだ早いよ~と思っているアナタ!
今は20代からアンチエイジングする時代。

先ほど言ったように、体温や気温を低めに設定しましょう。
特に室温を21℃にしておくのがベストです。

ひんやりすることによって、メラトニンの分泌が活発になりアンチエイジングに効果的で、また成長ホルモンの分泌もUPするので美肌効果も得られるんです♡
女性にはうれしい効果ばかりですよね。

{裸で寝るメリット④}もっとラブラブになれる

「もっとラブラブになれる」と書きましたが、何も恋人と一緒に寝なくてもOK!
一人でも裸で寝ると十分に威力を発揮してくれます(笑)

ただ単に裸で寝るだけでさまざまなホルモンが刺激され、その一つにラブホルモンと呼ばれるオキシトシンが存在します。
これらは別名の通り、ラブラブしているときに多く分泌されるホルモンの一種です。
(ストレスを感じているときにも分泌されますが…)

オキシトシンには、憂鬱な気分を払拭したり、血圧を正常値にしたり、健康的な体のために効果的に働きかけてくれます。(もちろん彼との時間ももっと楽しくなること間違いなし…♡)

いかがでしたか?
快眠はあなたの健康にとても大切なもの。
睡眠の質を向上するために、一度裸で寝てみることをお勧めします!本当に気持ちいですよ♡