うねり、まとまらない梅雨の髪……。ヘアケアには◯◯を使ってみて♪

もうすぐ梅雨がやってきます。
梅雨の時期というと、なんだか髪がまとまらない、髪がうねってしまう……とお悩みの方も多いかもしれません!
そこで今回は、いやな梅雨の髪のうねりやまとまらない髪のヘアケアをご紹介します。

梅雨の時期は髪がまとまらない。ヘアケアどうしたらいいの?

梅雨の時期になると、髪がまとまらなくなったり、いつもよりもうねりや癖が出やすくなったりする方も多いのではないでしょうか?

梅雨の時期というのは、湿度が高く、ダメージヘアの人や髪に癖のある人は、空気中の水分を吸収して、髪にボリュームが出てしまうのだそうです。

髪の癖というのは、実は大人になってから出る人も多く、年齢とともにいままでになかった髪の癖が出て、うねる場合も多いのだそうです。

梅雨の時期の厄介な髪のうねり、ボリュームが出てしまう髪をキレイにまとめるにはどのようなヘアケアがいいのでしょうか?

梅雨でもキレイな髪でいるために、ヘアケアはオイルがいい!

梅雨の時期は、空気中の水分を髪が吸収して、髪が膨張してしまいます。

つまり、余計な水分を髪に含ませないようなヘアケアが必要なんですね。
とはいえ、髪に全く水分を与えなければ、髪はパサパサになります。

キレイに見せながら、髪の内部の水分をコントロールするには、ヘアオイルを使ったケアが効果的です♪

オイルを使うと、ヘアケアしながら適度に水分を髪の中に閉じ込めることができます。そして、オイルで髪の表面をコーティングすることで、余計な水分を髪に取り込まないようにできるのです。

逆に梅雨の時期は、水分の多いヘアミルクなどのヘアケア用品は使用を控えるといいでしょう♡

梅雨のお悩みはヘアケアよりも、夜の丁寧なブローが翌朝の美髪を生む♡

梅雨の時期にまとまりがなくなる髪は、ヘアケアせずとも夜の丁寧なブローでかなり改善できます。
夜、お風呂上りにはしっかりとタオルドライした上で、ヘアオイルをつけ丁寧にドライヤーで乾かしましょう。

乾かすときのポイントは、根本からしっかりと乾かし、外側から乾かしていくことです。
内側からドライヤーの風を当てていると、髪が膨らみやすくなります。

しっかりと乾いたら、仕上げにブローをします。ブラシを使って、しっかりとテンションをかけながらブローしましょう。

ブラシを使うのが苦手な人は、手ぐしでもOKです。
手ぐしの場合にも、少し髪をひっぱるようにテンションをかけてブローすることで、翌朝の髪のまとまり方が違いますよ♪

ヘアケアしてもまとまらない梅雨時期の髪は、ヘアアレンジでカバーしよう♪

梅雨の時期になると、髪がうねりまとまらなくなる方は、しっかりとヘアケアをして、水分量をコントロールしたり、ブローを取り入れたりすることで、髪はまとまりやすくなるでしょう♪

とはいえ、なかなか時間がなかったり、すぐに髪質が改善しなかったりする場合もありますよね。
そんなときは、ヘアアレンジでごまかすのも一つの手です。

梅雨の時期に髪の癖が出やすい人は、癖を生かしてニュアンスアレンジをしてみるのがステキです。

まとめ髪は、カーラーなどで巻髪を作ってからの方が、仕上がりにニュアンスが生まれますよね。
癖があるなら、その癖を生かしてこなれたヘアアレンジをしてみましょう♡
梅雨の時期になると、髪がまとまらない!と悩んでいた方。
毎日のちょっとしたヘアケアで、見違えるほど髪質は改善します。水分のコントロールや、ブローを意識して、梅雨の時期を乗り越えたいところ♡
また、ヘアアレンジを楽しむのも一つの手です。梅雨時期だって、髪のオシャレを楽しみましょう!

【関連記事】無印良品はコスパ最強!美髪が手に入るヘアケアアイテムおすすめ8選

シンプルな雑貨や文房具、食品まで取り揃えられている無印良品。普段から愛用している方も多...

ヘアケア 梅雨

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

つぼいまりこ

つぼいまりこ
美容、モテ、節約、インテリアなど、幅広く興味を持っています。
女性ならで…

>もっとみる