旅行を仕事にも繋げたい人注目!旅行管理者の資格取得方法

LIFESTYLE

旅行管理者という仕事を知っていますか?
旅行業務取扱管理者とは日本で唯一の国家資格であり、その資格を取得していれば、旅行業界で引っぱりだこになることは間違いないでしょう。
ここではそんな旅行管理者の資格を取得する方法を紹介します。

旅行管理者ってどういう仕事なの?

出典:www.tobutoptours.co.jp

旅行管理者は、旅行に来たお客様の旅を総合的にプロデュースして、お客様に夢を見させる仕事です。

具体的には私たちが旅行代理店に行ってやってもらうような、お客様のご希望に沿うような旅行プランを作成し、契約を交わします。
また実際に、荷物やお土産の手配までしたりもします。
一方で旅行者から苦情が入った際には、その苦情への対応策を取ることも必要とされています。

旅行管理者の資格を取得していれば、仕事として役立つことに限らず、自分で旅行に行く際にも非常に役に立ちます!

旅行管理者の資格試験の受験資格や内容は?

旅行業務取扱管理者には、海外旅行・国内旅行の両方を扱える総合資格と、国内旅行のみを扱う国内資格があり、試験もその二つに分かれています。

しかし総合資格と国内資格ともに、受験制限などは一切ありません。
年齢・学歴や実務経験の有無を問わずに、誰でもチャレンジすることができる資格です!
さらに合格者の半分以上が、旅行業界未経験者というデータもあるくらいなんです。

また出題形式は全問がマークシートで、60%以上が合格のラインと言われています。

旅行管理者資格の試験勉強のコツは?

出典:the-study.jp

旅行管理者の資格取得試験は、問題の幅がとにかく広いのが特徴です。

旅行業法及び、これに基づく命令、旅行業約款、運送約款及び宿泊約款、国内旅行実務、海外旅行実務(国内資格のみ取得の際はこれは必要ありません)と、法律から実務まで幅広い試験内容です。
全体をまんべんなく勉強していてはキリがなく、途方もない時間がかかってしまいます。

合格のために必要なのは、満点ではなく60%。
試験でよく出る分野に絞り、メリハリをつけて勉強することが合格への近道です!

旅行管理者の資格を取得すると就職の役に立つの?

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

旅行管理者は、旅行業界唯一の国家資格といってもいいので、この資格を取得していれば、旅行業界では引っぱりだこになることは間違いありません。

そして旅行会社は、各営業所に必ず1人以上の旅行業務取扱管理者を配置しなければならない、というルールの下で運用されています。
ですから、旅行管理者の資格を持っている人は、旅行会社に不可欠な存在であることは間違いありません!

また結婚や出産のあとでも、この資格さえ取得していれば再就職が比較的簡単にできるのも特徴です。

さて、みんなにまだあまり知られていない旅行資格者の資格取得の方法を紹介しましたが、如何でしたでしょうか。
日本では数少ない、旅行関係の国家資格である旅行資格者の資格を、今取得しておけば、一生ものの就職のカードになることは間違いありません!
是非みなさんも今からチャレンジしてみてください!