派手なアクション!おすすめ映画マッドマックスをチェック

LIFESTYLE

前作から27年という年月を超えて、2015年6月20日に新作映画が公開された「マッドマックス」!
前作までも大人気でしたが、もちろん今作も大ヒットした、マッドマックスのおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイント①最新作に製作期間はなんと10年以上!

出典:eiga.com

映画「マッドマックス」の新作である「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、超大作として口コミもとても良く、世界中で大ヒットとなりました。

しかし、むしろこれは大ヒットするべく作られたと言えるのが、その制作期間。
なんと、完成までに費やした年月は12年だそうです…!

これほどに時間がかかった理由は、ジョージ・ミラー監督のこだわった“昔ながらの撮影方法”が大きく占めているそう。
絶賛の声が多い迫力あるシーンは、そのほとんどがCGなし!
だから、迫力シーンがとってもリアルなところも、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイントのひとつなんです♪

マッドマックス 怒りのデス・ロード 3D&2Dブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付)

¥4,721

販売サイトをチェック

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイント②役者陣の情感たっぷりな演技

出典:getnews.jp

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイントは、もちろん舞台セットだけではありません。
鬼気迫るリアルな迫力あるシーンのためには、役者陣の演技力も必要不可欠です。

まず、主人公マックスを演じた「トム・ハーディ」。
前作まで主人公を演じていた「メル・ギブソン」の演技が圧倒的だっただけに、公開前は「どんな風になるんだろう」という声もありました。
ですが、いざ公開されてみると、彼の演じるマックスへの賞賛ばかり☆

トム・ハーディ演じるマックスは、過去のトラウマから心を病んでいます。
しかし、ただ狂っている訳ではありません。
マックス自身も自分がおかしいことには気づいているのでしょう。
どうにか普通であろう普通であろうとする葛藤が見えるのです。
その葛藤する姿が本当にリアル。トム・ハーディの演技力にハッとさせられます!!

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイント③もう一人の女主人公も忘れちゃいけない!

出典:wired.jp

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」では、マックスだけでなく、もうひとりの主人公的存在である女性がいます。
それが、シャーリーズ・セロン演じる「女戦士フュリオサ」。
これがまた格好良くて、彼女の活躍も「マッドマックス」のおすすめポイントなんです!

まず、シャーリーズ・セロンと言えば、とても雰囲気のある美女なのですが、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」では、なんとスキンヘッドの女戦士役をやり遂げているのです。
そして、この坊主頭にするという案はシャーリーズ・セロン本人が「フュリオサはスキンヘッドのほうが彼女らしい」と提案したそう!

実際に、映画で見る彼女は、素晴らしく女戦士然としていて、女性の強さを見事演じきっています♡

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイント④バイオレンス・アクションというジャンル

映画「マッドマックス」は全シリーズを通して「バイオレンス・アクション」という位置づけにあります。
荒廃した世界で戦う人々の物語。確かに、舞台は荒れた土地で、人々の心も荒んでいます。

しかし、そんな世界でありながら、観ていて時折感じられる美しさが不思議な映画です。
荒廃した世界で描かれる美しさは、自然であったり、人々の強さや、時には弱さであったり、運命の非情さであったりするかもしれません。

しかし、その圧倒される美しさもまた、「マッドマックス」の魅力であり、おすすめポイントなのです!

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のおすすめポイントはいかがでしたか?
とにかくド派手なアクションシーンと、役者陣の鬼気迫る演技によって、観ている間中ドキドキさせられることは間違いなしの名作です。
10月21日には、ブルーレイ&DVDの販売開始とそれに伴ってレンタルも開始されるので、まだ観たことのない人も、もう一度改めて観たいという人もぜひどうぞ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。