「#肩掛け」で即こなれる!アウターを今っぽく見せるコツって?

Cover image: wear.jp

重ね着ばかりの冬は、着用するアイテム数も多く、着こなしが野暮ったく見えてしまいがち。
「どうにか着こなしをあか抜けて見せられないかなぁ……」と悩んでいる人にぜひチャレンジしてみてほしいのが、アウターの肩掛けコーデです。
コーディネートサイトWEARでも、「#肩掛け」と検索すると様々な、あか抜けコーデを発見することができます。
今回はその中からピックアップして、おすすめしたいアウターの肩掛けコーデをご紹介します。

アウターの肩掛けコーデ①▶甘め花柄ワンピ

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ1つ目は、甘め花柄ワンピに肩掛けしたコーデです。

花柄ワンピースは、毎年定番的な人気がありますが、着こなしのアップデートの仕方に悩むアイテムでもあります。

デートの時に花柄ワンピースを着たいけれど、どうしても野暮ったい印象に見えてしまう……というときにこそ、チャレンジしてみてほしいのがアウターの肩掛けです。

大人っぽい印象のVネックコートの袖を通さず、さっと肩掛けするだけで、花柄ワンピースもぐんと今っぽい印象に見せることができますよ♡

アウターの肩掛けコーデ②▶オールデニムにプラスする

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ2つ目は、オールデニムに肩掛けしたコーデです。

オールブラックやオールデニムなどの、すべてのアイテムを統一してコーディネートする着こなしは、おしゃれ度が高い代わりに難易度も高く、上手に着こなすのが難しいという印象を持たれがちです。

中でもどの季節にも新鮮な印象をもたらしてくれるオールデニムの着こなしは、冬にチャレンジする人はなかなかいないかもしれません。

しかしおしゃれ上級者さんは、ジージャンとデニムを合わせたオールデニムの着こなしの上からチェスターコートを肩掛けすることで、グンと今っぽい着こなしに見せています♡
このテクニック、今すぐ真似したくなりますよね!

アウターの肩掛けコーデ③▶トラッドスタイルが新鮮に見える

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ3つ目は、トラッドスタイルに合わせたコーデです。

みんな大好きなチェックスカートですが、着こなしまで一緒になってしまうのでは、それこそおしゃれさに欠けて見えてしまいます。

ワンランクアップしたチェックスカートの着こなしにチャレンジするのであれば、アウターの肩掛けがおすすめです。

トラッドスタイルにマッチしてくれるチェスターコートは、そのまま羽織ってしまうのではなく肩掛けすることで、スカートの印象も新鮮に見せてくれますよ。

アウターの肩掛けコーデ④▶校閲ガールが火付け役?

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ4つ目は、校閲ガール風のコーデです。

秋口だけでなく、真冬になってもニットとの重ね着でまだまだ人気を誇っているのが、ライダースジャケットです。

レザー素材のライダースジャケットは風を通さないので、タートルネックなどを着ておけば、意外と真冬にも活躍してくれるんです♡

スカートスタイルを甘く見せず、引き締めてくれるのはライダースジャケットのシャープな印象あってこそ!

おしゃれに敏感な女子こそ、ライダースジャケットの肩掛けに挑戦してみてくださいね。
このライダースジャケットの肩掛けコーデは、真冬を迎える前からチラホラ街で目にしている、人気の高い着こなしです。

ライダースジャケットの肩掛けのみならず、秋冬のレイヤードスタイルのお手本として注目が集まっているのが、日本テレビにて2016年10月期の水曜ドラマとして放映されていた、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 の影響であるといわれています。

主演を務めた女優の石原さとみ(いしはらさとみ)さんの着こなしは、個性的なのに真似しやすく、今でもファッションアイコンとして親しまれているのです♡

アウターの肩掛けコーデ⑤▶ロング丈コートが軽く見える

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ5つ目は、ロング丈コートの肩掛けコーデです。

身長が低い人にとって、流行っているのは分かっていても、ロング丈のコートの着こなしは難しく思えてしまうもの。

そうしたときには、ぜひアウターを肩掛けしてバランスをとってみてください!

アウターを肩掛けにすることでテント状のシルエットを演出できるので、ロング丈のアウターでも重たくなく、軽さを演出することができますよ。

アウターの肩掛けコーデ⑥▶スカーフと相性抜群

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ6つ目は、スカーフを合わせた肩掛けコーデです。

アウターを肩掛けすることで首まわりがすっきりと見えて、合わせているスカーフなどのアクセサリー類が際立って見えるというメリットも兼ね備えています。

地味に見えてしまいがちな冬の着こなしの首元にスカーフを巻いても、実際のところはアウターを着てしまうとあまり見えなくなってしまいます。

しかしアウターを肩掛けしていれば、スカーフの存在感が際立って、よりおしゃれに見せることができるのです。

アウターの肩掛けコーデ⑦▶無地ワンピースがこなれる

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ7つ目は、無地ワンピースに合わせた肩掛けコーデです。

かしこまったシーンに活躍してくれる無地のワンピースですが、あまりにカチッとしたアイテム同士でコーディネートを組んでしまうと、まるで“授業参観”な着こなしに仕上がってしまいます。

エレガントに見せたいだけなのに、かっちり見えすぎてしまうのも、おしゃれ度にかけますよね。

無地ワンピースをこなれて見せたい時にこそ、アウターの肩掛けがおすすめです。
一気にこなれて見えるだけでなく、新鮮な印象を演出してくれますよ。

アウターの肩掛けコーデ⑧▶タイトな着こなしの重心を上げてくれる

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ8つ目は、タイトな着こなしの重心を上げてくれる肩掛けコーデです。

コンパクトニットにタイトスカートの組み合わせは、ぶりっ子ではないのに女の子らしいかわいさと、スタイルの良さを際立たせてくれます♡

コンパクトさを重視した着こなしはかわいらしくスマートな一方で、全体のバランスを取りづらいというデメリットが潜んでいます。

そうしたときこそ、アウターを肩掛けすることで重心を上げ、コンパクトな着こなしのバランスを良く仕上げると◎

普通に羽織ってしまうとこじんまりした雰囲気に見えてしまいますが、肩掛けにすることでこなれ感とバランスの良さを感じることができます。

アウターの肩掛けコーデ⑨▶ジャケットコーデが新鮮に見える

wear.jp

アウターの肩掛けコーデ9つ目は、ジャケットコーデを新鮮に見せる肩掛けコーデです。

ダブルボタンのジャケットは、秋冬の定番アイテムで着回し力に優れている一方で、そろそろ見飽きてしまっているというのが本音なのではないでしょうか。

秋冬の定番アイテムを今あらためて着たいというときにも、肩掛けコーデは使えるアイディアなんです♪

ボトムスに合わせるのがスカートであってもパンツであっても、ジャケット自体が新鮮な印象に見えるので、着こなしのイメージが見違えますよ。

アウターの肩掛けコーデ⑩▶デニムをレトロに着こなす

wear.jp

最後にご紹介するアウターの肩掛けコーデは、デニムをレトロに着こなす肩掛けコーデです。

年間を通して定番アイテムとして親しまれているデニムパンツは、レトロに着こなすことで新鮮な印象を演出することができます。

差し色になるボルドーのハイネックと、秋冬大トレンドとなったグレンチェックのジャケットを使ったコーデは、アウターを肩掛けすることでそのレトロな雰囲気を際立たせて見せてくれます。

足元にはトレンド感のあるファーシューズを合わせれば、定番のデニムの着こなしがさらにオシャレに見えること間違いなしです♡
いかがでしたか?
新しいアイテムを購入するのではなく、今持っているアウターを肩掛けにするだけで、こんなに新鮮なコーデに仕上がるなんてびっくり♡
まだまだ冬は続きますが、着こなしで新鮮さを演出したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】大人でも着られるよ♡冬の新定番ニット×チュールスカートのコーデ♪

寒さが増す冬の着こなしは、ニットにデニムにダウンコートに……と、どうしても“かわいい”要素...

アウター 肩掛け コーデ 校閲ガール コート ライダースジャケット チェスターコート 石原さとみ(いしはらさとみ) 女優 モテ ドラマ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる