ちょっとしんどい!恋愛体質な友達との付き合い方

LIFESTYLE

あなたのお友達に「恋愛体質」「男依存症」の人はいませんか?
恋愛に生きることは悪いことではありませんが、自分自身があまり恋愛体質ではないと、恋愛話ばかりする友人との時間は、ちょっとしんどいですよね。
ということで今回は、恋愛体質な友達との付き合い方を考えます。

自分とは明らかに違うタイプだと理解しておく

そもそも恋愛体質の人とそうでない人とでは、考え方が違います。

具体的に言うと、恋愛体質の女友達に恋人ができたとしましょう。

恋愛体質の人は、恋愛が最優先なのであなたと約束をしていた日が恋人との一ヶ月記念日になったのなら、記念日を優先します。

「普通は先に約束していた方を優先するでしょ〜」と思いますが、考え方が違うので、あなたの普通は通用しません!

“適度”のモノサシも違う

おノロケ連発の恋愛トークは、少しなら聞いてる側も幸せをお裾分けしてもらうことができ、楽しいですよね。

しかし恋愛体質な人は、自分の一方的な恋愛トークがエンドレスでも気にしません。

つまり「適度」に恋愛話を楽しもうという考えがなく、その日は恋愛話だけしに来たのです。

“ギブ&テイク”の関係か確認する

恋愛体質な友達の恋愛トークが終了したら、本来なら次はあなたが話す番ですが……お友達がすぐにスマホを取り出し、彼のSNS(Facebook,Instagram等)をチェックし始めたのなら、あなたの話には興味がないのでしょう。

聞いていたとしても上の空なら、あなたとお友達は、人間関係の基本「ギブ&テイク」ができていません。

つまり、お友達はあなたのことを「理解しよう」とは思っていないんです。
自分が満足するまで喋れればそれで良いのでしょう。

このタイプの人とは、必要最低限の付き合いで良いかもしれません。

恋愛話は親身に聞かない

とは言っても「放っておけない!」と、優しく接する人もいると思います。

そんな人にひとつアドバイスをするのなら、親身に恋愛相談は聞かないこと。

大きな相づちを打つなど熱心に話を聞く姿勢は、相手に「興味を示している」と伝えるのと一緒です。

いつもより相づちの数を減らした簡単な返答を意識するなど、相手の話が盛り上がらないよう、こちらでコントロールしましょう。

類は友を呼ぶから、心配しなくて大丈夫!

恋愛体質な人には、恋愛体質の友達がどんどん増えます。
やはり、類は友を呼ぶようです。

また、恋愛体質な人は恋人がいたとしても、異性の友達とよく遊びます。

つまり、あなたが親身にならなくても、お友達は他の人と楽しく過ごしているんです。

それがわかると、恋愛体質な友達に振り回され、翻弄されて悩む必要もないことに気づくと思います。
あまり悩みすぎる必要はありませんよ!

恋愛体質な人の恋愛トークばかり聞いていると、恋人がいない方は焦って恋愛をしがちです……。
しかし、焦って得られるものはほとんどありません!
自分のペースを崩されない人は真剣交際の対象にもなるので、焦る必要はありませんよ♡