好きな芸能人を思い浮かべるだけ!?お酒が飲めない人の飲み会処世術

LIFESTYLE

お酒が苦手な人は、飲み会が憂鬱だと思います。
しかし仕事の付き合いなどで、どうしても避けて通れない飲み会もありますよね……。
ここでは、お酒が飲めない人の飲み会処世術をご紹介します。

“お酒が飲めない人”の飲み会処世術① 乾杯のときだけはグラスに口をつける

まず、お酒が飲めなくても乾杯のときだけはグラスに口をつけてください。これはマナーなので、絶対にしてくださいね。

これだけしておけば、文句を言われることはそうそうないでしょう。

“お酒が飲めない人”の飲み会処世術② 恋人や好きな芸能人を頭に思い浮かべる

お酒が飲めない人は、お酒を飲んで酔うことができませんよね。周囲は酔っ払っているのに自分は普段通り、という状況は辛いと思います……。

お酒が飲めない人は、雰囲気に酔いましょう。その場の雰囲気に身を任せると酔ってきます。

それができない人は、最近の嬉しかった出来事や、恋人・好きな芸能人などを頭に思い浮かべると、酔ってるように見えますよ!

“お酒が飲めない人”の飲み会処世術③ 梅酒ソーダに見えるジンジャーエールを注文する

「お酒が飲めない」というと、嫌な顔をする人もいると思います。
こんな時のために、飲み会中はジンジャーエールをこっそり頼んでください。

居酒屋さんのジンジャーエールはパッと見だと梅酒ソーダに見えるので、お酒が飲めないことを隠し通すことができるんです。

もし、ジンジャエールとバレても「ジンジャーエールで酔えちゃうんです〜」といえば大丈夫ですよ♪

“お酒が飲めない人”の飲み会処世術④ 動くことに集中する

料理を取り分けたり、空いたお皿を片づけるなど、動くことに集中して気を紛らわすのもひとつの手です。

こうしていると飲む時間が減るので、憂鬱な気分も減らすことができます。

“お酒が飲めない人”の飲み会処世術⑤ テンションをいつもの二倍にして飲み会にのぞむ

飲めないけどテンションが高い人は、意外とお酒を勧められないようなので、お酒が飲めない人は、テンションをいつもの二倍にして、飲み会にのぞんでください!
これが一番大事です!

飲み会は場の雰囲気を壊さず、楽しい時間を共有すれば、お酒が飲める人とお酒が飲めない人で飲んでも、盛り上がるはずです♪

お酒が飲めない人は、酔ったふりをした方がラクだと思います。
酔ったふりをすればするほどナチュラルに酔うことができるので、今日から実践してください!
今回ご紹介した飲み会処世術を使って、憂鬱な時間を楽しい時間に変えてくださいね!