美味しいカフェも♪おでかけするなら三菱一号美術館がおすすめ!

LIFESTYLE

美術館と言えば、静かな雰囲気を想像する人も多いはず。
今回オススメする三菱一号美術館はレトロでおしゃれな美術館なんです。
ちょっと日常と違った雰囲気を味わいたい時におすすめのお出かけスポットです♪

三菱一号美術館って?

出典:mimt.jp

三菱一号美術館は、2010年(平成22年)4月6日に開館した、19世紀の近代美術を中心とする美術館です。

常設展示を行っていないため、1年を3~4期に分けて企画展を開催しています。
また、19世紀末の美術品を多数収蔵しているため、フランスのトゥールーズ=ロートレック美術館と姉妹館提携を結んでいます。

「都市生活の中心としての美術館」というコンセプトのもと、入りやすい美術館となっています。

三菱一号美術館の魅力① 多様な企画展は要チェック☆

三菱一号館美術館では年間を通して多彩な展覧会が開かれています。

今回は現在行われている展覧会、『画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』について少しだけご紹介致します。

今回の展覧会は三菱一号館美術館開館5周年を記念した展覧会であるため、三菱一号館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852-1920)にスポットがあてられています。

日本美術愛好家であったコンドルは来日したおりに暁斎に弟子入りをして絵を学び、暁斎の作品を海外に紹介しました。

コンドルの業績とともに、コンドルの師である暁斎の作品が展示されているのです。

三菱一号美術館の魅力② 建物自体も見所あり♪

出典:d.hatena.ne.jp

三菱一号館美術館は展覧会だけでなく、その建物自体も楽しめる美術館となっています。

1984年(明治27年)に貸事務所として竣工された建物で、1968年(昭和43年)に三菱地所によって解体された「第一号館」のレプリカ再建された建物です。

内部も写真などで資料が残っている部分はきちんと再現されており、再建当時の明治時代にタイムスリップしたかの様なモダンでノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

ぜひ、建物全体も一つの芸術作品として楽しんでみて下さい。

三菱一号美術館の魅力③ レトロおしゃれなカフェもオススメ

出典:www.burari-club.com

三菱一号館のカフェは、1984年(明治27年)の三菱一号館の当時の銀行営業室として利用された空間を復元したクラシカルなミュージアムカフェです。

その時々で企画展に合わせた期間限定メニューが用意されています。

現在は、『画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』にちなんだメインメニューとカフェメニューが用意されています。

また、七夕等の時期のイベントに合わせた特別メニューもでますので、要チェックです♡

クラシカルな雰囲気の中で、おいしく優雅なひと時を過ごしてはいかがでしょうか?

♦︎三菱一号美術館♦︎
【開館時間】10:00~18:00
※祝日・振替休日除く金曜、展覧会会期中の最終週平日は20:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
【休館日】毎週月曜(祝日・振替休日・展覧会会期中最終週の場合は開館)
     年末、元旦、展示替え期間
【入館料】展覧会により異なる

三菱一号美術館はちょっとおしゃれをしてお出かけするにはオススメの場所です。
レトロでおしゃれな雰囲気の美術館で、芸術を楽しんだ後は、当時にタイムスリップしたようなクラシカルなカフェで素敵なひと時を過ごしてみませんか?