「人に見下されている」と感じたら?心がけたい4つの対処法とは!

LIFESTYLE

「見下されているな〜」と感じることってありませんか?そんな時落ち込んだり、イライラしていては悪循環。
ここでは、そんな時に心掛けたい4つの対処方法を書いていきます。

「見下されている」と感じた時の対処方法①相手にしない

「見下されている」と感じた時、まずは、相手にしないのが一番の対処方法!

人を見下すような人には、こっちも適当な対応を取っちゃっても良し◎
見下している人が、タメになることを言ってくれる場合もありますが…聞く気になれない!

人を見下す人は、実は悩んでいたり不安を抱えている場合が多いです。
だから、こちらも心を広く「不安があるんだな〜」くらいの気持ちで♪

「見下されている」と感じた時の対処方法②反面教師として観察

人として魅力的じゃない人と出会った時。
「見下されている」と感じた時。

イライラしたり落ち込んだりするのではなく、反面教師として観察して成長するのも対処方法のひとつ!

人の行いを見ることって、とても勉強になります。
「良い言動はとことん真似して、悪い言動は絶対真似しない」を、心掛けて、人として成長していきましょう。

イヤな場に遭遇しても活かし方次第です☆

「見下されている」と感じた時の対処方法③比べるのは前の自分!

とは言っても、「見下されている」と感じると、落ち込んじゃいますよね。
その人や周りの人と比較されたり、悲しい気持ちでいっぱいになります。

人と人は、比べられないはず。
比べることをできるのは、自分自身だけ。過去の自分と比べるのも、対処方法のひとつです。

人と比べられたり、自分でも比べちゃいそうになったら自分に集中!理想とする、素敵な人を目指しましょう☆

「見下されている」と感じた時の対処方法④優越感と劣等感は近くにある

『優越感と劣等感』全く真逆にあるものに感じますが、この2つは近くにあるものだという話を、聞いたことがあります。

言われてみると、優越感でいっぱいな時も寂しくなったり、劣等感を感じることって多いですよね。
優越感がいっぱいだと、人を見下す人も居ますが、ふとした時に劣等感も感じるはず。
見下すってなんの得もない行為ですね。

「見下されている」と感じたとき、このことを覚えておくだけでも、おのずと対処方法が見えてくるのかもしれません。

「見下されている」と感じた時に心掛けたい4つの対処法でした。
見下されるのってとってもイヤ。人にされて嫌なことは自分もしない!見下すこともやめてくださいね。